「ほっ」と。キャンペーン

ギタリスト加藤一平のブログ

<   2016年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

日本を代表する歌手の三上寛さん&サイケデリックなキーボーディストのイツロウ1×2_6 さんと再演する!

9月23日(金)に、

『 阿佐ヶ谷 イエロービジョン 』ってゆー素敵なお店で、

日本が世界に誇れる歌手の三上寛さんと、

サイケデリックなキーボーディストの イツロウ1×2_6 さんと再演します!








三上寛(vo、g)
e0204744_2431447.jpg









イツロウ 1×2_6(key、vo)
e0204744_244014.jpg









三上寛さんと初共演したのは去年の秋(?)で、

その時は『 大泉学園 インエフ 』でDUOでLIVEをしました。

そんで今年の6月に イツロウ 1×2_6 さんと3人で『 阿佐ヶ谷 イエロービジョン 』で演奏させて頂いて、

その2回とも終始幸せでした。

緊張感と安心感が同居した素晴らしい体験でした。






三上寛さんが、

『 この3人で今年中にまた絶対ヤりたいな! 』って仰ってくれてて、

オーガナイザーの Katsuju Okamoto さんが3人のスケジュールを調整して下さって、

再度ブッキングして下さいました。








三上寛さんは今更説明は不要ですが、

普通のシンガーと違って完全に自立出来るタイプのアーティストで、

でも周りの波動はしっかり感じていて、それを無視したり、逆に極めて至近距離に近づく事も出来る、

本物のアーティストです。

暖かく包まれてると同時に突き放されてるような幸せ。

僕は結構無神経で鈍感な人間なんですが、一緒に演奏しながら泣きそうになっちゃいました。

三上寛さんの小さな身体から出てくるエネルギーが無限大に感じて、

走れば走るほど速くなってしまうマラソンランナーみたいで、

『 人間って凄いんだなぁ 』って思わせられます。。

音楽に於ける『自由』とか『ナンデモアリ』って言葉を簡単に使っちゃう人みたいな軽薄さは無くて、

本当に『自由』な表現者だと思います。

音楽に於ける『自由』の怖さをよく知ってるからだと思います。

自分と全く違う『他者』を受け入れる覚悟と難しさを知っている人だと思います。









キーボーディスト&シンガーの イツロウ 1×2_6 さんとは、

今年の6月にこの3人で初共演させて頂いて、

一緒にインプロヴィゼイションしてる時の『間』と『呼吸』が凄く気持ち良くて、

深呼吸してるみたいに鍵盤を弾いて声を出します。

こーゆー素敵な人に出会えるから音楽は辞められないなぁって思います。

また共演出来るのが凄く嬉しい。







『魂の交歓』ってキーワードとか僕の口から出ると安っぽくなってしまうかもしれませんがw、

この3人でやると自然とそーゆー感じになっちゃうから不思議です。

まぁ三上寛さんのマンパワーがデカすぎるってのがあるとは思うんですが…w。

本当は、誰と何処で何をやってもそれを当たり前に出来るのがアーティストとしては当たり前なんでしょうけどね。

僕はまだまだ弱いなぁと思います。

だけどこの2人とヤると、それも含めて自分の事を好きになれる気がして救われる感じがします。






とっても面白いですよ。

ご来店お待ちしております♪






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





e0204744_3523431.jpg

photo by 村田善一






e0204744_3525513.jpg







e0204744_3531190.jpg







e0204744_3533052.jpg







e0204744_3535636.jpg

photo by 石井彰





e0204744_3544583.jpg

photo by 石若駿






e0204744_3552691.jpg







e0204744_3555528.jpg

photo by 大原都志子





e0204744_3565466.jpg

photo by Takashi Inomata






e0204744_358490.jpg

photo by Takashi Inomata






e0204744_3582868.jpg

photo by Takashi Inomata






右から、浅利史花(g)、アダマちゃん、吉田豊(b)、濱田省吾(ds)、私(g)。
幸せなライブだった。
『 東中野 セロニアス 』超素敵なお店ですよ!
ママさんの大原都志子さんも人間味が溢れてて大好き❤️
e0204744_3585348.jpg

photo by 大原都志子






江古田散歩してたら空大きかった。
e0204744_434447.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-08-22 03:25 | Comments(0)

『渋さ知らズ』の核弾頭 アルトサックス奏者の立花秀輝さん&若手サックス奏者の松原慎之介さんと演奏します

9月22日(木祝)に、

『 東中野 セロニアス 』ってゆー超素敵なお店で、

『 渋さ知らズ 』の屋台骨…ってゆーか核爆弾 アルトサックス奏者の立花秀輝さんと、

19歳と若手ながらも超絶テクニックを持つ、アルトサックス奏者の松原慎之介さんと3人で演奏します!






立花秀輝(as)
e0204744_111216.jpg








松原慎之介(as)
e0204744_1111745.jpg






上の2人の写真のギャップが僕は好きです。

ピグミー料理と懐石料理みたいです。

大きいお皿にまとめて放り出してグッチャングッチャンにしたくなる写真です。

大好き。







アルトサックス奏者の立花秀輝さんとは、

『 渋さ知らズ 』とゆー弩級のバンドでいつもご一緒させて頂いたり、

ドラマーの芳垣安洋さんとのトリオでも演奏させて頂いていて、

いやホントに立花秀輝さんの演奏は毎回、

脳味噌の血管ブチ切れて心臓破裂してウンコとかその他色々漏らして体液全部出てしまって目ん玉飛び出て下半身諸共ズボン脱ぐみたく分断しちゃうんじゃないの? ってゆーくらいブッ飛んだサックスプレイをされていて、

共演するたんびに驚嘆します、ってゆーかビビリます。 『大丈夫かこの人?…』と。

限界ギリギリまで自分の体をサックスごと共振させて表現し尽くしてる状態を見て、

『あぁ… オレはまだまだなんだなぁ…』ってつくづく思います。

立花秀輝さん超凄いっす。









アルトサックス奏者の松原慎之介さんとは、

最近『 渋さ知らズ 』でご一緒させて頂いて、

19歳と若者ながらも Cannonball Adderley のようにストロングでスピード感があって張りのある音を出されていて、『 19歳っ!? スゲェな! 』って思いました。

コルトレーンチェンジは勿論、コンテンポラリーな曲でも余裕で吹き切る力量を持ってて、

もうマジで嫉妬します。

基礎が滅茶苦茶しっかりしてるってゆーか、彼の演奏がブレてる姿ってゆーのがほとんどイメージ出来ない。

19歳でそーゆー感じって、なかなかそうは居ないですよ。




『 渋さ知らズ 』のリーダー不破大輔さんがプロデュースしたバンドで『 チョビ渋 』ってゆーのがあって、

松原慎之介さんは中学生くらいからそこに在籍してガンガンやってたみたいですね。

なるほどなぁって感じです。






超強力なサックス2本とギター1本ってゆー個性的な編成で臨みます。

気合い入れてやります。

ご来店お待ちしております。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0204744_1514997.jpg

photo by 村田善一





e0204744_1521415.jpg







e0204744_152465.jpg







e0204744_153235.jpg

photo by 石井彰





e0204744_154981.jpg

photo by 石井彰





e0204744_1544916.jpg

photo by 石井彰






e0204744_1551361.jpg

photo by 上原基章





e0204744_156193.jpg

photo by 上原基章






e0204744_1563578.jpg

photo by 上原基章






e0204744_1573488.jpg

photo by 石若駿





e0204744_1575231.jpg

photo by 石若駿






『 Tabletop Guitars 』 リハーサル
e0204744_1581082.jpg








『 Tabletop Guitars 』 本番
e0204744_1591896.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-08-21 01:45 | Comments(0)

ドラマーの岡田ケイタさん&サックス奏者の竹内直さん&ベーシストの北川秀生さんと演奏♪

9月15日(木)に、

『 上町 63 』ってお店で、

奇想天外ナチュラル不思議奇天烈ドラマーの岡田ケイタさんと、

超絶サックス奏者の竹内直さんと、

ベーシストの北川秀生さんと演奏します!






岡田ケイタ(ds)
e0204744_2501340.jpg









竹内直(sax)
e0204744_2502590.jpg









北川秀生(b)
e0204744_2503877.jpg









『 上町 63 』ってお店で演奏させて頂くのは、

多分2011年にやった以来なので、

また演奏出来るのはとっても嬉しいです。







ドラマーの岡田ケイタさんとは、

初めて共演したのは『 鈴木勲 OMA SOUND 』で、

その後にはピアニストの栗田妙子さんのトリオで一緒にやったりしていて、

最近では『 池袋 フラットファイブ 』ってお店でやるバンドでも頻繁に誘って頂いて、

もうとにかく岡田ケイタさんのサウンドイメージはブッ飛んでて、

頭のネジ500本くらいどっかに無くしてしまったんじゃないのかこの人?ってくらい自由な音楽家です。

モチロン良い意味です。

ドラミングのテクニックも半端じゃないです。

なのに嫌味なところなんか一切無くて、ハッピーでフリーダムで創造的な奇才の人です。

いつも共演出来るのが本当に幸せです。








サックス奏者の竹内直さんとは初共演です。

循環呼吸を効果的に使いながらも圧倒的なサックスパフォーマンスでグイグイ音楽を展開出来る、

日本を代表するベテランの超絶サックス奏者です。







ベーシストの北川秀生さんとは、

今年に入ってから、ドラマーの岡田ケイタさんのバンドで初めて共演させて頂いて、

岡田ケイタさん名義のレコーディングでもご一緒させて頂きました。

普通のファンクを演奏しててもタイミングや呼吸が凄くユニークで、

共演してて新鮮な気持ちになれてとっても嬉しいです。

ずっとアメリカで活動されていたらしく、

最近日本に戻られて活動されているそうです。

歴史に残るジャズトランペッター Freddie Hubbard さんのバンドにも在籍していた凄いベーシストです。







初組み合わせとゆーのもあって緊張しますけど楽しみです。

ご来店お待ちしております。






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





e0204744_3231633.jpg

photo by 村田善一





e0204744_3234298.jpg

photo by 伊藤望





e0204744_3244299.jpg






e0204744_325195.jpg






e0204744_3251674.jpg

photo by 石井彰





e0204744_326880.jpg

photo by 石井彰





e0204744_3262536.jpg







e0204744_3264387.jpg

photo by 石井彰





こないだの『 宮崎県宮崎市 シーガイアスクエア1 』で行われた、
『 UMK SEAGAIA JamNight2016 ~40th anniversary~“Jazz Night ~Feel the Groove~ ” 』で見かけた、
『 Marlena Shaw featuring Chuck Rainey, David T. Walker Larry Nash, Harvey Mason 』のサウンドチェック。
Marlena Shaw さんが喋ってたらいつの間にやら演奏が始まっていて、いつの間にやら曲が終わっていてお喋りし始めた…と思ったらいつの間にやらまた曲が始まっての連続。
幸せな夢見てるみたいなサウンドチェック風景だった。
あれどうなってんだろう…w
e0204744_3265761.jpg






e0204744_3334424.jpg







e0204744_334111.jpg

photo by 石井彰






『晴れたら空に豆まいて』の店内で突然書をやり始める日野皓正さん。
完成品はお店に行けば見れますよ!
スゲェ素敵な作品だった!
e0204744_3354350.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-08-19 03:08 | Comments(0)

9月のLIVE予定です!

9月1日(木)

『池袋 フラットファイブ』

岡田”Keita"佳大(ds)

松崎加代子(vo)

加藤一平(g)

北川秀生(b)

olive(ds)










9月2日(金)

『下北沢 アポロ』

江藤良人(ds)

須川崇志(b)

加藤一平(g)










9月5日(月)

『吉祥寺 ストリングス』

『 an pon tan 』

須藤かよ(p&vo)

五十嵐歩美(vln)

荒井康太(ds)

Guest:加藤一平(g)










『 松井宏樹・菅原高志カルテット 』

『 Freeture 』 Release Live Tour in 九州

9月6日(火)

『長崎県 諫早 roojee』 19:30~』

『長崎 諫早 burns 21:30~』

松井宏樹(as)

菅原高志(ds)

加藤一平(g)

小牧良平(b)










9月7日(水)

『佐賀県 cinema theque』

松井宏樹(as)

菅原高志(ds)

加藤一平(g)

小牧良平(b)










9月8日(木)

『佐賀県 嬉野 大村屋』

松井宏樹(as)

菅原高志(ds)

加藤一平(g)

小牧良平(b)










9月9日(金)&10日(土)

『熊本県 酔ing』

松井宏樹(as)

菅原高志(ds)

加藤一平(g)

小牧良平(b)










9月11日(日)15:00~

『福岡県 苅田町三原文化会館 大ホール』

松井宏樹(as)

菅原高志(ds)

加藤一平(g)

小牧良平(b)










9月11日(日) 19:30~

『大分県 宇佐 cotton field lounge』

松井宏樹(as)

菅原高志(ds)

加藤一平(g)

小牧良平(b)










ツアー参加最終日
9月12日(月)

『山口県 周南 oscar』

松井宏樹(as)

菅原高志(ds)

加藤一平(g)

小牧良平(b)










9月14日(水)

『池袋 バレルハウス』

『 NUKAPONS + かみむら泰一 』

ユカポン(per)

水谷浩章(b)

加藤一平(g)

ゲスト:かみむら泰一(sax)










9月15日(木)

『 上町 63 』

岡田ケイタ(ds)

竹内直(sax)

加藤一平(g)

北川秀生(b)










9月17日(土)

『埼玉県 飯能市』

『日野皓正バンド』










9月18日(日)

『 野毛 祭り 』

『渋さ知らズ』










9月20日(火)

『柏 ナーディス』

『 Sqid Squad 』

紺野智之(ds)

吉本章紘(ts)

加藤一平(g)

座小田諒一(b)










9月21日(水)

『下北沢 アポロ』

『 Darren Moore バンド 』

Darren Moore(ds)

藤原大輔(ts)

松井宏樹(as)

加藤一平(g)
      
カイドーユタカ(b)










9月22日(木祝)

『東中野 セロニアス』

立花秀輝(as)

松原慎之介(as)

加藤一平(g)










9月23日(金)

『阿佐ヶ谷 イエロービジョン』

三上寛(g、vo)

イツロウ 1×2_6 (key、vo)

加藤一平(g)










9月24日(土)

『茨城県牛久市 シャトーカミヤ』

『日野皓正バンド』










9月28日(水)〜10月6日(木)

『 南アフリカ共和国 ツアー 』

『日野皓正バンド』








。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


9月のライブは以上です。

ご来店お待ちしております。



もうすぐ夏も終わっちゃいますねぇ。

僕なんぞは昔からまるで季節感がほとんど無い人間なので、

家でギター弾いてラーメン食ってライブでギター弾いてラーメン食って、あとラーメン食ってとかやってるとあっとゆーまに1年が終わる。

ついこないだ元旦だったような気がするんだけどそれから今までの記憶がほとんど無いなぁおかしいなぁ…

ラーメン第一! 健康第二!



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0204744_1532153.jpg

photo by 村田善一






e0204744_15323383.jpg

photo by 千葉広樹





e0204744_15334358.jpg






e0204744_1534223.jpg

photo by 石若駿





e0204744_15352074.jpg

photo by 石井彰





瀬戸中央自動車道 鴻ノ池SA で寄ってきた腹減り猫さん。
e0204744_15355638.jpg







腹減り猫さんにバームクーヘンあげたらガツガツ食ってた。
e0204744_15375266.jpg

photo by 石若駿





e0204744_15395869.jpg

photo by 石井彰






『石川県金沢市 もっきりや』の近所の『ペイパームーン』って喫茶店は店内を猫さんが普通に歩いてる。
e0204744_15403118.jpg






SoftBank のお父さんと日野皓正さん
e0204744_15415957.jpg

photo by 石井彰





e0204744_1544596.jpg

photo by 石井彰






e0204744_15445680.jpg

photo by 石井彰





空大きい
e0204744_1545425.jpg







e0204744_15461839.jpg

photo by 石井彰






e0204744_15465478.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-08-17 15:11 | スケジュール | Comments(0)

日野皓正バンドで南アフリカ共和国に行ってきます!

9/28(水) 〜 10/6(木)の期間に、

日野皓正バンドで南アフリカ共和国に行ってきます!





南アフリカ共和国の国旗
e0204744_2545669.png







e0204744_2554041.gif







e0204744_256046.gif







南アフリカ共和国の国歌 ↓↓↓

『南アフリカ共和国 国歌「神よ、アフリカに祝福を/南アフリカの呼び声」 日本語訳/National anthem of South Africa』
https://www.youtube.com/watch?v=Jfy9d57eugo

メチャクチャ素敵な唄。
『コシシケレ〜リ〜』のくだりは、
僕の母校の『自由の森学園』の音楽の授業で頻繁に唄ってた。
今も唄ってるんだろうか?






今回は3都市で演奏するそうです。

ケープタウン、ヨハネスブルグ、あと何処だっけ…プレトリアだっけ?…すみません忘れてしまった…。






アパルトヘイトって凄く前の話だと漠然と思ってたんですけど、1994年まで合法的な政策だったんですね。

ひでぇな。

まぁ、今の日本だって堂々とヘイトしまくって都知事になろうとする人間が居て、またまたそーゆー馬鹿を支持する人間が東京に11万人以上居るんだから本当にしょうもない国だとは正直思ってしまうんですが。






南アフリカ共和国の治安は相当悪い様子で、

『夜は決して一歩もホテルの外に出ないように!!!!!』と言う事です。

アフリカの屈強なお兄さん相手じゃ 162cm、57kg のミニマムサイズのオレなんかじゃいくら気合ブッ込んでも小指で殺されてしまいそうだな。

しかし『一歩も出るなっ!』ってスゲェな…。







最近世界中で増えてきたテロなんかは南アフリカ共和国では今の所ほとんど無いらしいのですが、

ギャングの方々の抗争が凄まじいらしいです。

マシンガンとかロケットランチャーとか余裕だそうです。

そんなん骨も残らんっちゅーの。

暴力に潔すぎて逆に清々しいっつーの。







日野皓正さんの超素晴らしいマネージャーさんの田渕等さんが、

『加藤一平を縄で縛ってホテルのベランダから下に垂らして釣りとかしたら楽しそうだからヤるつもりだし、それもバンドのスケジュールに入ってるからヨロシク♪』

って言ってたので多分生きて帰れないとは思いますが、せめて美味しく食べて頂けたら幸いに存じます。

まぁ僕の身体なんかニコチンとか◯◯◯とか◯◯◯◯とか◯◯◯◯◯とかだらけでほぼ毒物に近いとは思うので、毒キノコ気分の威を借りて云々して輪廻天性。







日野皓正さんが、

南アフリカ共和国第8代大統領の Nelson Rolihlahla Mandela さんに捧げた『 free Mandela 』 って曲があって、

とっても格好良い曲でいつも頻繁に演奏するのですが、

南アフリカ共和国で『 free Mandela 』を演奏出来るって事にとっても意義を感じます。

精一杯演奏してきたいと思います。

頑張ります。






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0204744_4121298.jpg

photo by 村田善一





e0204744_4123625.jpg

photo by 池谷恵司





e0204744_4133885.jpg







e0204744_413493.jpg






『兵庫県芦屋市 Left Alone』さんの内装が素晴らしかった。
音の響きも最高だった。
e0204744_414543.jpg







e0204744_4161490.jpg







e0204744_4162869.jpg

photo by 石井彰






e0204744_4164711.jpg

photo by 石井彰







e0204744_4172464.jpg







明石海峡.
空が大きい。
e0204744_4192260.jpg







明石海峡大橋。
長ぁ〜〜〜〜い。
e0204744_4201694.jpg







e0204744_4211482.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-08-14 03:47 | Comments(0)

NUKAPONS(ユカポン、水谷浩章、加藤一平)+サックス奏者の かみむら泰一 さんで演奏♪

9/14(水)に、

『 池袋 バレルハウス 』ってゆー料理が死ぬほど美味くて素敵なお店で、

パーカッション奏者のユカポンさん、ベーシストの水谷浩章さん、ギターの僕でやってるバンド、

『 NUKAPONS 』に、

超個性派サックス奏者の かみむら泰一 さんをゲストに招いて演奏します。






ユカポン(per)
e0204744_1223274.jpg








水谷浩章(b)
e0204744_1225578.jpg








加藤一平(g)
e0204744_123288.jpg

photo by 村田善一







かみむら泰一(sax)
e0204744_124358.jpg








『 NUKAPONS 』ではいつも、

僕が普段全然ヤる機会が無い Erik Satie の曲や水谷浩章さんの曲をやったりしてて、

毎回ヒイコラ言いながらやってます。

まぁ本当に『ヒイコラ!』とは口にしませんけどね。

本当にヒイコラしてる時なんて『ヒイコラ!』とか敢えて言う余裕とか全然無いですからね。







発起人が『ユカポン』なのになんで『 NUKAPONS 』なんじゃい! 

糠漬けかい!

って最初思ったのですが、

どうやらそれは間違いでは無いらしく、

パーカッション奏者のユカポンさんは『 池袋 バレルハウス 』でよく呑んだくれたり食い散らかしたりされていらっしゃるようなのですが、

『 池袋 バレルハウス 』の糠漬けが死ぬほど美味しかったらしく(本当に美味い!)、

お店から『糠漬け大使』に任命されたそうです。

そんでバンド名が『 NUKAPONS 』になったらしいです。

お店で直に漬けてる糠漬けですからね。

もうこれヤバイくらい美味しいんですよ。

もうなんなら僕も一緒に糠に漬けて欲しいくらいのアレなんですよ。

『 池袋 バレルハウス 』の糠漬けは死ぬまでに1度は食ったほうが良いと思いますよ。

まぁ糠漬けだけじゃなくて料理の拘りハンパないお店なので全部オススメですよ。

僕は最初『 池袋 バレルハウス 』に出演させて頂いた時になんか食べようって思って、

『オススメのお料理ってなんですかぁ〜?』って聞いたら、

『ウチにはオススメじゃないメニューって無いんだよ』って言われました。

これ、なかなか言える事じゃ無いと思うんですよね。

まぁ言うだけなら簡単なんですけど、

実際何食べてもスゲェ美味しいですからね。

ヤバイお店です。






パーカッション奏者のユカポンさんは、

桐朋学園大学音楽学部卒のクラシック出身のパーカッショニストで、

繊細な音像で僕が理解出来ないチャンネルでずっと音を出されていて、

リズムってゆーかオンショクで音楽を構築していくタイプなのかな?って思ってます。

共演するたんびにとても勉強になります。






ベーシストの水谷浩章さんは、

言わずもがなの日本を代表するベーシストで、

山下洋輔trio、大友良英さんの様々なプロジェクト、南博カルテット、カヒミ・カリィのサポート、菊地成孔バンド、浜田真理子のサポート … etc

『新宿 Pit Inn』で『水谷浩章 3days』とかもしょっちゅう開催されています。

挙げていったらキリが無いくらい大活躍されているベーシストです。

一緒に音を出せるのが光栄です。







サックス奏者の かみむら泰一 さんは、

サックスプレイも凄いのですが、

ラップトップやエフェクターも使ったりして非常にユニークな活動をされています。

東京芸術大学とバークリー音楽院を卒業されていて、

アカデミックからインプロヴィゼイションまで幅広い音楽性の持ち主です。

前に、

『入谷なってるハウス』で行われた、Akemi Shoomy Taku さん主催の『 是安則克 命日 LIVE 』で かみむら泰一 さんと初めて共演させて頂いて、

深いトーンでサックスを吹かれていて、

とっても感動しました。

また共演出来るのが凄く嬉しいです。





ご来店お待ちしております。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





e0204744_2455666.jpg

photo by 村田善一






e0204744_2464863.jpg

photo by 不破大輔





e0204744_2474315.jpg

photo by 石井彰






e0204744_2484563.jpg

photo by 石井彰





日本全国色々動いてるとワリとよく見かける。
e0204744_2491220.jpg






e0204744_250376.jpg

photo by 石井彰






e0204744_2504344.jpg







通天閣!
e0204744_251353.jpg







ツアーのOFF日を利用して初めて吉本新喜劇行ってきた!
e0204744_2513128.jpg







メチャクチャ笑った。
e0204744_253142.jpg







吉本新喜劇の下にある売店。
大阪って素敵な街ですね。
e0204744_2534163.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-08-10 02:14 | Comments(0)

『松井宏樹・菅原高志カルテット』の『Freeture』リリースツアーで九州に行きます!

9/6(火)〜 9/12(月)ってゆー日程で、

『松井宏樹・菅原高志カルテット』のアルバム、

『Freeture』のリリースツアーで、

九州へ演奏しに行きます!

おらーっ!




アルバムジャケットはこーゆー感じ  ↓↓↓
e0204744_12526100.jpg







アルバムの紹介文   ↓↓↓
e0204744_126339.jpg








九州ツアーの概要↓↓↓
e0204744_1265168.jpg

e0204744_1271220.jpg




です!







九州ツアーのメンバーはフライヤーにも書いてありますが、

レコーディングメンバーと同じく、





松井宏樹(as)
e0204744_1303653.jpg








加藤一平(g)
e0204744_131625.jpg

photo by 村田善一





小牧良平(b)
e0204744_132341.jpg








菅原高志(ds)
e0204744_1322261.jpg








どぇすっ!




僕らの演奏で九州の地面が天空に浮き上がってラピュタとかそんくらいのアレまでいく感じで頑張ります!

うっす!

ご来店超お待ちしております!





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





e0204744_151321.jpg

photo by Happy Shoot BOSS






『 Tabletop Guitars 』
e0204744_1514893.jpg







e0204744_152497.jpg







e0204744_15345.jpg







e0204744_1532125.jpg

photo by 石井彰





『 岐阜県 恵那峡グランドホテル 』から見た恵那峡の景色。
空が大きかった。
e0204744_154830.jpg








夏はやっぱこれっす。
まぁ僕は冬でも構わず食ってます。
ラーメンとアイス奢ってくれる人は全員神様って呼んでます。
e0204744_156833.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-08-09 01:33 | Comments(0)

an pon tan あんぽんたん(須藤かよ、荒井康太、五十嵐歩美)と演奏します!

9/5(月)に、

『 吉祥寺 ストリングス 』とゆーお店で、

an pon tan あんぽんたん(須藤かよ、荒井康太、五十嵐歩美)のライブに、

ゲスト出演させて頂きます!







須藤かよ(p、vo、acc)
e0204744_145521.jpg








荒井康太(ds、Traditional drum of "AOGASHIMA"island)
e0204744_15798.jpg








五十嵐歩美(vi)
e0204744_16527.jpg








『あんぽんたん』ってバンド名スゲェ名前だなぁw。

まぁ、なんの自慢にもなりませんが僕は自他共に認めるスーパーあんぽんたんなので、

共演するにあたって特に違和感は無いと思われます。








須藤かよさんとは初対面で初共演です。

ピアノ.ヴォーカル.アコーディオン.他鍵盤楽器を操る多彩なアーティストで、

現在は熊本の山の中に移住されているそうです。

『心通う素晴らしい自然の中に巣を作り、渡り鳥のようにあちこち羽ばたいてはまた巣に戻る、という新しい生活を模索構築中。』だそうです。

素敵すぎる…。

東京は人が多いし高い建物ばっかでゴチャゴチャしてて空は狭いし星は見えないしなんか臭いし煩いし人は冷たいしお金掛かるし…

東京出身の自分でもたまに東京イヤになりますからねぇ。

ゴチャゴチャしてて面白い街ではありますが。

須藤かよさんは、エルメートパスコアルやエグベルトジスモンチに多大な影響を受けられたらしくて、

ブラジルに音楽修行の旅へ出かけて本人達と交友を持ったりしてるらしい。 

マジでハンパねぇ!









ドラマー・打楽器奏者の荒井康太さんとは何気にもう5・6年の付き合いがあって、

前に一緒にバンドやったり色々共に活動させて頂いていて、

今回は結構久しぶりの共演なので、

凄く嬉しいです。


プロフ添付! ↓↓↓↓
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

荒井康太(Kota Arai)
Drums & Traditional drum of "AOGASHIMA"island

伊豆諸島最南端の孤島 青ヶ島出身
幼い頃から島の伝統太鼓に慣れ親しみ育つ。
『青ヶ島還住太鼓』とその先祖であり400年以上の歴史を持つ『八丈太鼓』の様々なリズムを叩き分けることのできる伝統太鼓の名手である。

15歳から独学でドラムを叩き始める。高校進学後、千葉を拠点にドラマーとして活動を始め、その後アフリカを代表するカメルーンのドラマーBrice wassyの演奏に衝撃を受け、Briceとその弟Vincent wouassiに師事。現地カメルーンに渡りのトラディショナルリズムをエッセンスとしたドラミングを学ぶ。
ジャズ、ポップス、ロック、アジア、アフリカなどの民族音楽から即興音楽や実験音楽、ライブペイントやダンスとの共演など幅広いジャンルやステージで演奏活動を行っている。伝統太鼓のルーツを元に、アフリカやアジアのグルーヴといった豊かなエネルギーを吸収した特異な感性によって生み出されるそのリズムと自然体なグルーヴで高い評価を得ている。

日本の太鼓の中でも非常に歴史が深く、本土から離れた『島』という独自の音楽文化、生活文化の中で長い時間をかけて培われてきた、この太鼓の魅力を体現できる数少ない貴重な太鼓打ちの一人。
現在失われつつある貴重な文化である青ヶ島太鼓・八丈太鼓の文化保持や普及への想いを胸に日本国内各地や海外でもライブやワークショップを行っており、多くの人に青ヶ島と八丈島の太鼓の魅力を伝えている。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

荒井康太さんって人は、

まるでメロディを奏でるような歌い回しをしながらずぅっとグルーブし続ける事が出来る、

僕が知ってる中では非常に珍しくて特異な打楽器奏者です。

あ? 違うかな? オンショクとリズムがそのまま自然に音楽化されてる感じ。

チンチキバンバンと退屈なドラム叩いてる連中と全然ワケが違います。

メチャクチャ素晴らしい打楽器奏者です。








ヴァイオリン奏者の五十嵐歩美さんとも初対面で初共演です。

プロフ添付! ↓↓↓↓
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

東京音楽大学ヴァイオリン科卒業。 クラシック音楽を基礎に演奏する傍ら、在学中より世界各地の民族音楽、特に中南米音楽に強く惹かれ、2007年ブラジルに渡りエルメートパスコアルグループのベーシスト、イチベレ・ザワーク率いる『イチベレ・オルケスタ・ファミリア』のワークショップに参加。 2008年ノルウェー王国後援、演劇『9人の女』にヴァイオリン奏者として参加。 自身のリーダーユニットのほか、ブラジル北東部音楽バンドBanda Pororocaなど、ブラジル音楽ユニットに多数所属。 その他、オーケストラ演奏、ポピュラー音楽のライブサポート、レコーディング、JAZZの演奏等、ジャンルを問わず活動。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

クラシック出身のアーティストの方々って音色やタッチの繊細な部分にスゲェ敏感だから、

オレみたいなイイ加減なミュージシャンってのは少なからず若干恐怖感を覚えるんですけど、

んな事言ったってそんなん今すぐどうこう出来る問題でも無いので、

気持ち良く諦めてポジティブなんとかでやりたいと思います。







素敵な音楽家の方々と演奏出来るのがとっても嬉しいです。

ご来店お待ちしております。

あんぽんたんっ!







。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





e0204744_213647.jpg

photo by Toru Kawasaki






e0204744_2135943.jpg

photo by Happy Shoot BOSS






『 栃木県 岩下の新生姜ミュージアム 』
『 渋さ知らズ オーケストラ 』
サウンドチェック
e0204744_2144734.jpg







『 栃木県 岩下の新生姜ミュージアム 』
『 渋さ知らズ オーケストラ 』
本番
e0204744_2185549.jpg








e0204744_2193114.jpg

photo by 石井彰






e0204744_2203816.jpg

photo by 石井彰






e0204744_221384.jpg

photo by 石井彰






e0204744_2213745.jpg

photo by 石井彰






和歌山県のラーメン屋さん(名前忘れた)で食ったラーメン。
和歌山県産の醤油をたっぷり使ってて超ディープで美味かった。
e0204744_222928.jpg




餃子の羽もヤバかった。
餃子に羽根が付いてんだか羽根に餃子が付いてんだか分からん。
飛べる。
e0204744_223387.jpg








日野皓正さん自ら散髪。
e0204744_2261650.jpg

photo by 杉本智和







『日野皓正バンド』のツアー車の荷物置き場。
ギッチギチ
毎回テトリス
e0204744_2273247.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-08-08 01:52 | Comments(0)

ジャズドラマー江藤良人さん&ジャズベーシスト須川崇志さんと3人で演奏します!

9/2(金)に、

『 下北沢 アポロ 』ってゆーメチャクチャ素敵なお店で、

ジャズドラマー江藤良人さんと、

ジャズベーシスト須川崇志さんと3人で演奏します!







江藤良人(ds)
e0204744_234572.jpg








須川崇志(b)
e0204744_2351363.jpg








加藤一平(g)
e0204744_2353499.jpg

photo by Happy Shoot BOSS







ジャズドラマーの江藤良人さんとは初共演です。

でも僕はCDで昔からたくさん江藤良人さんの演奏は聴いていて、

中牟礼貞則(g)、小杉敏(b)、江藤良人(ds) ってゆーメンツでやってる、

『 REMEMBRANCE 』って作品で、

曲は、

1.The Masquerade Is Over(Allia Wrubel)
2.Monk's Mood (Thelonious Monk)
3.Falling Grace (Steve Swallow)
4.Morning Blues (Michel Petrucciani)
5.Summer Night (H.Warren)
6.When I Fall In Love (Victor Young)
7.Out Walk (Sadanori Nakamure)
8.Turn Out The Stars (Bill Evans)
9.Remembrance (Sadanori Nakamure)

って感じで、

もうこれは個人的にジャズギタートリオの名盤だと思っています。

3人ともたっぷりしたタイム感で繊細かつ大胆で緊張感のあるジャズプレイをされていて、

何回聞いてもジンワリきます。

凄腕のドラマーと共演出来るのが嬉しい。








ジャズベーシストの須川崇志さんとは、

日野皓正バンドに於いて今までたくさん共演させて頂いていて、

日本トップクラスの非常に完成度の高いベースプレイを毎回感じて、

同い年ながらもいつも圧倒されます。

以前に須川崇志さんは腱鞘炎治療によるステロイド投与で腱が溶けてしまって、

逆の手の腱を移植したりして本当に大変だったらしくて、

その困難な状況にもめげずに復活された方です。

高い演奏技術もそうですが、その強靭なメンタリティが演奏に反映されてる気がします。

共演するたんびにその深みにハッとさせられます。

凄い人だと思っています。








こーゆーオーソドックスなジャズギタートリオってゆーのは、僕はまず自分では絶対にブッキングしません。

なんでかって言うと、ジャズギターのトリオってギター演奏のスキルが異常に求められると思うんですけど、残念ながら僕がヘタクソだからです。

だから非常に珍しいんですよっ!

僕がこの編成でやるのっ!

ジャムセッション含めたって多分7年ぶりくらいだぞっ!

レアなんだよっ!

僕と『 ジャズギタートリオやろうぜ♪ 』とか声掛けてくれるの、恐らく須川崇志さんと江藤良人さんが初めてなんじゃないか?

どんだけやねんコラっ!w

ありがたいじゃねぇかっ!








僕は音楽を演奏するのも大好きだしレコード聴くのも同じくらい好きなんですけど、

正直ここ数年『 鍛え抜かれた何か 』ってモノに全然魅力を感じない身体になってしまって…

とか言いながら毎日必死こいて練習してるから完全にダブスタなんですが。

演奏してる時もただレコード聴いてる最中の時も、

『 鍛え抜かれた何か 』ってのがちょっとでも聴こえてしまうともう心の底からウンザリしちゃう。

なんてゆーか凄くダサいってゆーか…

そのまんまの音聴きたいのにってゆー。

なんでなんだろう…

20代前半の時なんかは高い技術や精神力を感じるだけで『 あ〜ん❤️ もう最高❤️ 』とか思ってたのに…。

軽薄な人間性に磨きが掛かってきたんですかね?

よっしゃ。







ジャズ音楽に置いて今となっては極めてオーソドックスな ギター、ベース、ドラム の編成に挑みます。

精一杯無責任に頑張ろうと思います。

是非是非ご来店お待ちしております。






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





e0204744_3254093.jpg

photo by 山下菜摘





e0204744_3255841.jpg

photo by 山下菜摘





e0204744_3261393.jpg

photo by 山下菜摘





e0204744_3262535.jpg






e0204744_3264089.jpg







沖縄県東村高江に在住するギタリスト石原岳さんに電球付けて貰った。
音出すとピカピカ光ってマジでテンション上がった。
e0204744_3272979.jpg







こないだ『 渋さ知らズ 』で出演したイギリスの『 Glastonbury Festival 』 のアーティストパス。
e0204744_329019.jpg







『 Glastonbury Festival 』の会場手前。
奥までずぅぅぅぅぅぅぅっっっっと会場。
デカすぎ。
e0204744_3303969.jpg







『 Glastonbury Festival 』の食事スペース前。
ってゆーか会場全体が泥だらけ。
泥祭り。
牛糞もたっぷり混じってて香ばしい。
e0204744_332343.jpg







『 Glastonbury Festival 』のステージ裏から。
e0204744_3351485.jpg







『 Glastonbury Festival 』の舞台から。
こんだけお客さんがひしめき合ってると最早なんだか分からなくて緊張なんか全然しない。
脳が飛ぶだけ。
e0204744_3362975.jpg







気持ち良かった
e0204744_3391085.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-08-05 03:20 | Comments(2)

8月の日野皓正バンド参加予定です。

8月の日野皓正バンド参加予定です。






8/16 (火)
『東京 帝国ホテル 本館2階 孔雀の間』
『Imperial Jazz 2016』
e0204744_2255481.jpg








8/20(土)
『世田谷 パブリックシアター』
『せたがやこどもプロジェクト2016』
e0204744_227219.jpg








8/24(水)
『福岡 NEW COMBO』
e0204744_2282421.jpg








8/25(木)
『大分 BRICK BLOCK』
e0204744_2292495.jpg








8/26(金)
『KKRホテル熊本1F 中国料理ロータスガーデン』
e0204744_2315138.jpg








8/27 (土)
『北九州 小倉 井筒屋パステルホール』
e0204744_2333410.jpg








8/29(月)
『長崎県 セントアンドリュースジガーイン「出島テラス」』
e0204744_235478.jpg








8/30(火)
『??????』






以上です。

頑張ります。






最近演奏の出来不出来が激しく感じて落ち込んでしまう事が多い。

そんな事は20歳から楽器始めてもう13年経つから今に始まった事では無いんですが、慣れませんねこーゆーのは。

『楽しく弾くのってオレどーやってたっけ?』とか考え出したらもうハマってますね。

ここ2・3ヶ月 Andrés Segovia さん聴きまくってタッチに特化して練習してたから、今まで耳に付かなかった自分の演奏のいい加減さがやけに耳障りで、ただ楽器の音出すだけで虫唾が走る。

日々練習するのは当たり前なんだけど、所謂本番のモチベーションの浮き沈みって本当に不思議です。

まだまだですね。

あ〜ん。






演奏の調子ってったって良く分からん。

大腸憩室炎で怠くなって座ってるのがやっとなのにスゲェ良い感じに出来たり、

寝起き最高で午前中から気持ち良く練習しまくっていざ本番で最悪だったり、

勿論その逆もあったり、






Keith Jarrett さんのインタビュー本で、

『コンサート当日に40度の熱が出てやばかったけど極めて高いレベルで音楽を出来たのは、やっぱ音楽そのものを人間がコントロール仕切るのは無理』的な事言ってて、

まぁ、ピアノの化け物の Keith Jarrett さんと凡人以下のオレを一緒にしても話になんないんだけど、

どうにもならない事を受け入れて受け入れ切るのか、

死に物狂いで必死で抗うのか。






ハッキリと『これが正解!』って言えちゃう人は楽になりたい人だと思うんだけどそーゆー安易な感じになれる人が正直羨ましい。

正解ってゆーのはあんまし決めたくない。

矛盾したまま表現したい。

生意気でしょうか?

決して生意気では無いと思っています。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





e0204744_3274370.jpg

photo by Happy Shoot BOSS






e0204744_3282432.jpg







e0204744_3283852.jpg







e0204744_329094.jpg







『渋さ知らズ』で出演した『静岡県榛原郡吉田町・吉田公園 野外フェスティバル 頂 -ITADAKI- 2016』のアーティストパスがイイ感じだから家の中に飾る方向で落ち着く。
e0204744_3291045.jpg







e0204744_3294799.jpg







香港空港からちょっと外側の風景が西遊記に出てくる風景っぽくて如意棒って感じだった。
e0204744_330137.jpg







タオパイパイさんみたいにギター空中にぶん投げてそれに飛び乗ってそのまま移動出来たら飛行機代節約出来る。
e0204744_3342968.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-08-03 02:18 | Comments(0)

ギタリスト 加藤 一平 jazz ギター Guitar ippei kato G Guitarist ジャズ ippei かとう いっぺい ストラトキャスター ソリッド g free フリー インプロ 即興 improvisation
by ippeih3
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
venusgood.com
from venusgood.com
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな