ギタリスト加藤一平のブログ

<   2016年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

no-input mixing board奏者Toshimaru Nakamura(中村としまる)&ベーシスト千葉広樹と演奏♪

中村としまる( no-input mixing board )
e0204744_1242993.jpg







千葉広樹(b)
e0204744_1244380.jpg







加藤一平(g)
e0204744_1263151.jpg

photo by Murata Yoshikazu






11/19(土)に、

『 下北沢 アポロ 』ってゆー最強に素敵なお店で、

no-input mixing board(ノーインプット・ミキシング・ボード)奏者の Toshimaru Nakamura(中村としまる)さんと、

ベーシスト千葉広樹さんと演奏します。

この3人では今回で3回目です。

超楽しすぎてあと1億回くらい共演したいです。







中村としまる( no-input mixing board )
e0204744_1351159.jpg


中村としまるさんが演奏で使用している、

『 ノーインプット・ミキシング・ボード 』って、

普通はあんまり聞きなれないモノですが、

市販の小型オーディオ・ミキサーに無理な結線を施して、

ノー・インプット・ミキシング・ボードと名づけて、

それを用いて即興演奏を行っています。





中村としまるさんの出す音は、

超微音の繊細な音でも強い音でも、

凄まじい表現力で伝わってきます。

自分の感性や価値観を1度ブチ壊されてその場で再開発されるみたいな、

強力な説得力を感じます。

毎回圧倒されます。





中村としまるさんは、

日本でもモチロン活動されているのですが、

この前 David Sylvian とスイスでレコーディングしたりと、

欧州での活動の方が多いアーティストだと思います。





imitation が通用しない、日本よりはるかに風通しが良くて開放的かつ先鋭的な欧州で絶大な評価を得ている、

本物のアーティストです。








千葉広樹(b)
e0204744_28548.jpg


ベーシストの千葉広樹さんは、

UA や 矢野顕子 のサポート、

大友良英・ジムオルーク・菊地成孔・石橋英子 etc…

日本の次世代の音楽家として注目を集めているベーシストです。

エレクトロニクスにも造詣が深く、

素晴らしい音楽家です。

Jazz,Pops,Rock,Impro,Electronica,Hiphop 等、様々なアートシーンで活動されています。






この日がとっても楽しみです。

ご来店お待ちしております♪






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





e0204744_2494856.jpg

photo by 鈴木美香






『 桜台 pool 』
『 Tabletop Guitars 』
サウンドチェック
e0204744_2505870.jpg

photo by 永田健太郎






e0204744_2515914.png








e0204744_2522627.jpg








e0204744_2523847.jpg








e0204744_252547.jpg








e0204744_2534100.jpg








e0204744_2532181.jpg








e0204744_2533460.jpg








e0204744_2563887.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-10-31 02:18 | Comments(0)

11月の日野皓正バンドの参加予定です。

e0204744_2511549.jpg





11月の日野皓正バンドの参加予定です。





11月1日(火)
『 埼玉県 飯能市 久邇カントリークラブ 』
e0204744_23562814.jpg








11月11日(金)
『 宮城県 えずこホール(仙南芸術文化センター)大ホール 』
e0204744_28123.jpg






11月22日(火)
11月23日(水祝)
2days
『 名古屋 ラブリー 』
e0204744_2123952.jpg










11月24日(木)
『 大阪 ??? 』









11月25日(金)
『 大阪 ロイヤルホース 』
e0204744_216058.jpg







11月26日(土)
『 奈良県 青丹(せいたん)学園 』
e0204744_220972.jpg







11月27日(日)
『 三重県 どじはうす 』
e0204744_222654.jpg







です。





今年の年初から、

日野皓正バンドのベーシストとドラマーが変わって、

音楽の風合いもまた随分変化しました。





一般的な意味での『バンド』ってヤツに於いてベースとドラムが変わるって事は、

音楽が起きていく過程や結果そのものが違う物になっていくって事だと思います。

まぁリズム隊に特化した話しでもありませんが。

やっと最近慣れてきた気がする(遅いw)。

改めて自分の不器用さってゆーかセンスの無さってゆーか順応性の無さってゆーかスキルの無さってゆーか、

色んな事を考えさせられたここ半年ちょっとです。

ホントにまだまだですわ…。







今更ですが、

やるバンドに関係無く、

演奏中に考えたり悩んでしまったりってゆー現象がここ数年だいぶ無くなってきて、

結構スッとした感じで本番に臨めてる気がします。

考えたり悩んだりってのは、

家で1人きりの時にやる事にしてます。

本番で考えないために普段家で1人で考えて悩むって作業がワリと性に合っている感じです。

本番中に考えちゃうと音楽に置いてかれてしまう気がして凄く勿体ない気がしています。

でも置いてかれきっちゃうのも楽しかったりするかもしれないけど、

逆にそれヤるんならメリハリってゆーかハッキリとさせてった方が面白そうだけど、

まぁでもそれ言っちゃうと曖昧なまま気持ち良くなっちゃえばイイだけの話しなんだけど、

とにかく家で1人きりの時ならたっぷり時間がありますからね。

もうイヤって言うくらい内省する時間作れますから。






演奏中は、

自分の心持ちやヴァイブスが、

想像以上に伝わってくれたり伝わってしまっていたり、

想像以上に伝わってくれなかったり無関係だったりして、

その連続体ってゆーか、

自分の思い通りに行っても行かなくても、

『 あぁ、音楽って素敵だな。 音楽やっててホントに良かったな 』

と思うんです。






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0204744_2515293.jpg







『 桜台 pool 』
『 Tabletop Guitars 』
サウンドチェック
e0204744_2521155.jpg







e0204744_252483.jpg







e0204744_253579.jpg







e0204744_2532661.jpg







e0204744_2535118.jpg







e0204744_254773.jpg








e0204744_254233.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-10-28 02:23 | Comments(0)

続!『松井宏樹・菅原高志カルテット』の『Freeture』発売記念ライブ!

11/5(土)14:00~ 『 関内 アドリブ 』

11/6(日)14:00~ 『 中野 スイートレイン 』

11/6(日)20:00〜 『 埼玉県川越市 南大塚 音音(ネネ) 』

とゆー日程・時間・場所で、

『 松井宏樹・菅原高志カルテット 』の『 Freeture 』発売記念ライブをやります!







『 Freeture 』のジャケットはこーゆー感じ  ↓↓↓
e0204744_1504794.jpg

Koki Matsui and Takashi Sugawara Quartet / Freeture (cerbera records)

1.Our Blues (Koki Matsui)
2.Straight Street (John Coltrane)
3.Evasive (Koki Matsui)
4.Superman (Charlie Parker)
5.Freeture (Koki Matsui)
6.Weaver of Dreams (Victor Young)
7.Imitation of Dazzling (Koki Matsui)
8.What a Difference Day Made (Maria Grever)
9.I can't get salvation (Koki Matsui)

松井宏樹/alto sax 菅原高志/drums 加藤一平/guitar 小牧良平/d-bass  (2016/7/6)







紹介文   ↓↓↓
e0204744_1513369.jpg






こないだの 2016/7/6 に正式に発売されてから、

たくさんの様々な方々に購入して頂いて、

ありがとうございます!






ライブ当日のメンバーは勿論レコーディングメンバーと同じ、





松井宏樹(as)
e0204744_15519100.jpg






加藤一平(g)
e0204744_1553991.jpg

photo by 村田善一





小牧良平(b)
e0204744_1562116.jpg






菅原高志(ds)
e0204744_1565597.jpg





ってゆー超イイ感じです。







こないだ、

上記のメンバーで『 北千住 バードランド 』と『 江古田 そるとぴーなつ 』ってお店でライブやって、

両方のマスターが Facebook にライブレポを書いててくれたんで、

それも載せるぜ!




『 江古田 そるとぴーなつ 』マスター Hisashi Nakano さんのレポ
※以下転載
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


松井宏樹&菅原高志QUARTETライヴ終了、
(松井宏樹as菅原高志ds加藤一平g小牧良平b)
お越し頂きました皆様ありがとう ございました。
新作「Freeture」 Release LIVEということで
「Freeture」収録曲中心&気合い十分、
新作では使わなかったというソプラノ・サックスも持ち込み、
アルトと両刀使いで吠える松井、
唐突に意表をついたサウンドを繰り出し仰け反る加藤、
ひたすら生音で攻める小牧、そして炸裂する菅原、
ダイナミクスの良く効いたキレキレ・サウンドが店内に、
いやもう強烈、ナイス・サウンド、ナイス・バンド、
とっても刺激的な楽しいライヴでした。
それにしても「Lawns」での加藤ギター、凄かった!


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。








『 北千住 バードランド 』マスター 森川久生 さんのレポ
※以下転載
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


Birdlandライブ後記であります!

CD[Freeture]発売ライブ
松井宏樹(as)菅原高志(ds)4
小牧良平(b) 加藤一平(g)

前以てCDは聴いていてた。その個性的な音楽に非常に興味をもっていたが、想像を遥かに超える内容の面白さに驚きと興奮を抑えることが出来なかった。一平君のユニーク、且つエキセントリックなギターサウンドにまずやられた、そこへ絡み込みながら真芯 に刃を貫くが如く宏樹君の鋭いアルトが突き刺さる。両者共にスパークするが決して熱くなり過ぎず、頭の中はあくまでクールに相手の音や出方をようくうかがっている、一音も聴き漏らさぬように。曲は基本的には非常に個性溢れるオリジナルがメインであるが、中に何曲かスタンダードを挟み込む、しかしテーマを除けばブレークは全て非常にオリジナリティーに富んだインプロヴィゼイションである。一平君のファンキーで大胆不敵なソロと宏樹君のセンシィティブなソロは互いにシンクロし神がかった崇高な世界へと昇華していくのである。良平君の図太く熱くしかし繊細なベース と、豪快にスイングし、機関銃の様に炸裂する高志のドラムと、この4者の原子が互いにぶつかり合い融合して行く時FreeなFutureに到達するのだ…
それこそが[Freeture]である。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。






長年に渡ってJAZZを聴いてきて耳が肥えてるお店のマスターにイイ感じって言われるのは、

とっても光栄だし嬉しいです。

ますますイイ音出したくなります。

ってゆーか出します。

ってゆーか出ます自然にw 

このメンバーなら当たり前なんですそれ。

また音を合わせるのが凄く楽しみ♪





ご来店お待ちしております。






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0204744_2545731.jpg

photo by 須川崇志





『 桜台 pool 』
『 Tabletop Guitars 』
サウンドチェック
e0204744_2551717.jpg

photo by 永田健太郎






e0204744_256376.jpg







e0204744_257151.jpg







e0204744_2573477.jpg







e0204744_2575214.jpg







e0204744_258664.jpg






こないだ久々に出演した『 上町 63 』のマスターにステッカー貰った。
「そのギターに貼りなよ!」ってもうガチで貼るスペース皆無なんですよね〜とか思ってたら隙間発見してメインのストラトキャスターに貼れた。
良かった良かった!
e0204744_2582724.jpg







家では普段ウイスキーばっか飲んでるんだけどたまにビール飲むと美味いっすねー。
黒ビール大好きなんだけどドイツ行った人とかが言うに「日本の黒ビールは黒ビールにあらず!」的な感じらしい。
いつかドイツに行く機会があったら本場の黒ビールとか××××とか色々ブっ込みたい。
e0204744_305636.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-10-27 02:19 | Comments(0)

写真家 Photographer 鈴木美香 さんが撮ってくれた写真②(明治大学アカデミーホール)

前回に引き続き、

写真家 Photographer の 鈴木美香 さんが撮ってくれた写真パート2です。




10月8日(土)に、

『 明治大学アカデミーホール(駿河台キャンパス) 』に於ける『 第10回 お茶の水JAZZ祭 2016 』にて、

『 日野皓正 Quintet 』で演奏した時のものです。





このブログは僕個人のブログなので、

掲載する被写体は基本僕中心的な感じです。

許してっ!




僕は写真に関しては全くのど素人なのですが、

鈴木美香さんの撮る写真が大好きです。

リアル過ぎず 作り過ぎず?

客観性ってゆーか絶妙のバランスを感じます(素人意見ですよ!)






e0204744_2321554.jpg







e0204744_232279.jpg







e0204744_2323730.jpg







e0204744_2324841.jpg







e0204744_233127.jpg







e0204744_2331572.jpg







e0204744_2332613.jpg







e0204744_2333651.jpg







e0204744_2335083.jpg







e0204744_234154.jpg







e0204744_2341418.jpg







e0204744_2342692.jpg







e0204744_2343990.jpg







e0204744_2345159.jpg







e0204744_235170.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-10-24 02:40 | Comments(0)

写真家 Photographer 鈴木美香 さんが撮ってくれた写真①(世田谷パブリックシアター)

こないだの8月20日(土)に、

『 世田谷 パブリックシアター 』に於ける『 せたがやこどもプロジェクト 2016 』で、

『 日野皓正 Quintet 』で演奏した際に、

写真家 Photographer の 鈴木美香 さんが撮ってくれた写真です。





このブログは僕個人のブログなので、

掲載する被写体は僕中心っぽい感じです。

許せっ!





僕は写真に関しては全くのど素人なのですが、

鈴木美香さんの撮る写真が大好きです。

リアル過ぎず 作り過ぎず?

客観性ってゆーか絶妙のバランスを感じます(素人意見ですよ!)






e0204744_23164.jpg







e0204744_235178.jpg







e0204744_24517.jpg







e0204744_241553.jpg







e0204744_242787.jpg







e0204744_243875.jpg







e0204744_245613.jpg







e0204744_251269.jpg








e0204744_252389.jpg








e0204744_254250.jpg








e0204744_26486.jpg








e0204744_261535.jpg








e0204744_262975.jpg








e0204744_264750.jpg








e0204744_27682.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-10-23 02:08 | Comments(0)

11月のLIVE予定です!

11月1日(火)

『 埼玉県 飯能市 』

『 日野皓正 バンド 』










11月3日(木)

『 柏 ナーディス 』

『 Darren Moore quintet 』

Darren Moore(ds) 

藤原大輔(ts) 

松井宏樹(as) 

加藤一平(g)

カイドーユタカ(b)










11月4日(金)

『 吉祥寺 MANDA-LA2 』

『 渋さ知らズ劇場 』

不破大輔(b)

立花秀輝(as)

加藤一平(g)

山口コーイチ(p)

磯部潤(ds)

すがこ(踊)

若林淳(踊)










11月5日(土) PM14:00~17:00

『 関内 アドリブ 』

『 松井宏樹&菅原高志 QUARTET 』 
「Freeture」 Release LIVE

松井宏樹(as) 

菅原高志(ds)

加藤一平(g) 

小牧良平(b)










11月6日(日)

『 中野 スイートレイン 』 14:00~

『 松井宏樹&菅原高志 QUARTET 』 
「Freeture」 Release LIVE

松井宏樹(as) 

菅原高志(ds)

加藤一平(g) 

小牧良平(b)










11月6日(日)

『 埼玉県川越市 南大塚 音音(ネネ) 』 20:00〜

『 松井宏樹&菅原高志 QUARTET 』 
「Freeture」 Release LIVE

松井宏樹(as) 

菅原高志(ds)

加藤一平(g) 

小牧良平(b)










11月11日(金)

『 宮城県 えずこホール(仙南芸術文化センター)大ホール 』

日野皓正クインテット with Special guest 綾戸智恵 
大西順子トリオ










11月15日(火)

『 横浜 エアジン 』

『 Fuwa Works (from 渋さ知らズ) 』  

不破大輔(b)

立花秀輝(as)
       
加藤一平(g)

山口コーイチ(p)

磯部潤(ds)

etc……










11月16日(水)

『 下北沢 アポロ 』

『 KYO-SHIN 』

野津昌太郎(g)

定岡弘将(ds,、text)

加藤一平(g)










11月18日(金)

『 横浜 エアジン 』

『 Darren Moore quintet 』

Darren Moore(ds) 

藤原大輔(ts) 

松井宏樹(as) 

加藤一平(g)

カイドーユタカ(b)










11月19日(土)

『 下北沢 アポロ 』

中村としまる(No Input Mixing Board)

加藤一平(g)

千葉広樹(b)










11月21日(月)

『 下北沢 アポロ 』

『 元太平洋 』 

津上研太(as)

市野元彦(g)

加藤一平(g)

坪井洋(ds)










11月22日(火)

『 名古屋 ラブリー 』

『 日野皓正 Quintet 2days 』

日野皓正(tp)

加藤一平(g)

石井彰(p)

杉本智和(b)

石若駿(ds)










11月23日(水祝)

『 名古屋 ラブリー 』

『 日野皓正 Quintet 2days 』

日野皓正(tp)

加藤一平(g)

石井彰(p)

杉本智和(b)

石若駿(ds)










11月24日(木)

『 大阪 』

『 日野皓正 Quintet 』

日野皓正(tp)

加藤一平(g)

石井彰(p)

杉本智和(b)

石若駿(ds)










11月25日(金)

『 大阪 ロイヤルホース 』

『 日野皓正 Quintet 』

日野皓正(tp)

加藤一平(g)

石井彰(p)

杉本智和(b)

石若駿(ds)










11月26日(土)

『 奈良県 青丹(せいたん)学園 』

『 日野皓正 Quintet 』

日野皓正(tp)

加藤一平(g)

石井彰(p)

杉本智和(b)

石若駿(ds)










11月27日(日)

『 三重県 どじはうす 』

『 日野皓正 Quintet 』

日野皓正(tp)

加藤一平(g)

石井彰(p)

杉本智和(b)

石若駿(ds)










11月30日(水)

『 池袋 フラットファイブ 』

『 岡田ケイタ バンド 』

岡田ケイタ(ds)

西尾健一(tp)

加藤一平(g)

北川秀生(b)

olive(ds)








。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


11月は以上です。

ご来店オラオラお待ちしております。





こないだ行ってきた南アフリカ共和国の日差しってゆーか紫外線が強すぎて、

帰国してから急に顔の皮が剥けまくってゾンビみたくなっておいおいって感じだったんですが、

最近ちょっと元に戻ってきました。

まぁ言っても元から大したツラしてませんし、まだ変な吹き出物が残ってますが、

これも南アフリカ共和国のお土産だと思ってます。

帰国したらいきなり寒くなってて風邪ひいてまだ鼻水が止まらない。

皆さん風邪にはくれぐれもお気を付け下さい。

最近の風邪は長引くの多いみたいですね。

南アフリカ共和国はとにかく乾燥してて、朝起きるとゾンビみたいに身体の水分がカラッカラで、

不用意に鼻でもかもうモンなら鼻血が出るってゆー大変な土地でした。

あと肉がスゲェ美味かった。

でもやっぱ江古田サイコー♪






たまに他人と音楽のお話しをする事があって、

僕は音楽のお話しとかここ数年自分からほとんどしなくなっちゃったんですけど、

なんてゆーか『概念的(で良いんだろうか?w)』にされる方がいらっしゃるんですけど、

僕自身 自分の体験や実感からしか音楽を掴めてないので、

実感を伴わない音楽のお話しって結局なんのお話しでも無いんじゃないんかな?って思っちゃいます。

言うだけって本当に簡単なんですよねぇ。

理由はともあれ行動が伴ってないと。

僕も前はそうだったんで気持ちがよく分かってしまう(気がする)から、鑑みて痛みを感じてしまう。

言うとしても自分が知ってると思う(かもしれない)事しか言えないし、自分が知ってると思い込んでる事も疑っていくプロセスってのを日常化するチャンネル持ってないと、音楽とかワリと簡単につまんないモンになっていくんじゃないのかな?って思います。

修行とかそーゆー甘ったるくて堅苦しい話しじゃないんです。

もっと冷酷で救いの無い事柄だと感じています。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





e0204744_3521657.jpg

photo by 石若駿





『 桜台 pool 』
『 Tabletop Guitars 』
e0204744_3525879.jpg







e0204744_353426.jpg








e0204744_3535857.jpg









e0204744_3541624.jpg









e0204744_3542922.jpg








e0204744_354428.jpg








e0204744_3545692.jpg







ハッピーターン好き
e0204744_355101.jpg







山口県周南市の『みぎた旅館』
古くて趣があってなんか落ち着く
e0204744_3553630.jpg







江古田ラーメンすごろく
自分は三四郎イチオシ
煮干しと玉葱の苦味と旨味が絶品
死ぬまで食いたい
溺れたい
e0204744_3565895.jpg







e0204744_3592599.jpg

photo by 石若駿






e0204744_3595414.jpg

photo by 松井宏樹







『佐賀県 嬉野 大村屋』の近くの橋がとってもキレイだった。
e0204744_403283.jpg







e0204744_414637.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-10-21 03:11 | スケジュール | Comments(0)

MASF(マスフ)のエフェクターPOSSESSED(ポゼスト)おもしろい。

半年ほど前から、

MASF ってゆーエフェクターブランドの POSSESSED ってディレイを使い始めて、

だんだん慣れてきた。

最初はノイズ音とかブっ壊れたような音しか出なかったから、

『おいぃ〜これ壊れてるよもぉ〜なんだよぉ〜』とか思ったんですが、

『そーゆー音が出る機械』って理解出来て あぁなるほど と。

今では普通のポップスとかジャズバンドでも平気で使うようになった。

面白い。




この MASF って会社は、

ノイズ音楽に特化したイカれた(素敵な)音響ブランドで、

僕は大好きです。




MASFのホームページ↓↓↓
http://masf.figity.com/aboutmasf





e0204744_1373565.jpg





e0204744_1374291.jpg





e0204744_1375047.jpg





POSSESSED の商品説明
※以下転載(MASFホームページより)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


まさに名は体を表す通り、この「POSSESSED」もその名の通り、ペダルを踏んだ瞬間から狂気、夢中、まるで何かに取り付かれているかのごとく暴れ出します。

5つのコントロール類はそれぞれ五感と同じ名称が与えられており、その感覚を上げたり下げたりする事によって、最適な(?)憑依状態を導き出す事ができます。

このペダルにおいて最も重要な感覚は「HEARING」であり、このコントロールを「0」にしてしまうと無音状態となってしまいます。
「SIGHT」の設定が「0」の場合は「TASTE」「TOUCH」「SMELL」の3つが機能しなくなります。「SIGHT」の設定を見失ってはいけません。
「TASTE」と「SMELL」は敏感なので、細かく丁寧に調整することが大切です。バランスを大切にしたきめ細やかな設定も良いですが、過剰に乱暴に設定しても人によっては、むしろ好みだという方もいらっしゃるでしょう。
そして「TOUCH」を操作することによって、独自の個性を発揮させます。

MASFのペダル類の中では珍しく「POSSESSED」は激しい歪みを生んだりはしませんが、歪みエフェクトペダルとの相性は抜群で、クリーンな状態で使うよりも歪ました方が使いやすいと感じるほどです。
歪みエフェクトペダルに限らず、リヴァーブペダルやディレイ、コーラスやトレモロなどとの相性も良く、完成されたシステム内の中に入れても面白いでしょう。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




自分は最初は即興やノイズのライブで使ってたんですが、

慣れてくると自分の中で色々許せる範囲が広がってきて、

今では激シブなジャズバラードの最中とかでも普通に使用するようになりました。

結構好評です(と勝手に思ってます)。






機械のツマミの部分は、

「HEARING」がエフェクト音のボリュームで、

「SIGHT」がエフェクトが掛かる分量の調節です。

上の3つの「TASTE」と「TOUCH」と「SMELL」のツマミが一体なんなのか未だにちょっと分かってません。

スタジオに1人で入って色々試したんだけど、この3つがやっぱりどうもよく分からんかった。

いや変化するのは分かるんだけど、エフェクター自体がブっ飛びすぎてて途中でそーゆー細かい事どーでも良くなった。

O型なんです。

分かんないままツマミ弄って自分でビックリして横見たらベーシストもビックリしてるとかそんな感じ。

商品としてはディレイってカテゴリーなんだけど、

ディレイ風味のハプニングマシン的な感じがする。

たのしい♪






日野皓正さんのバンドのサウンドチェックの時に鳴らしてたら、

POSSESSED のエフェクト音が楽器の故障だと思ったらしく、

『おいお前、頭だけじゃなくてついに楽器も壊れたか… 頑張って生きろよ…』

って心配して頂きました。







最近たまに演奏させて頂く、

No Input Mixing Board 奏者の 中村としまる さんや、

ベーシストの千葉広樹さんも POSSESSED 使ってて、

俺も欲しいなぁとか思って次の日に御茶ノ水の楽器屋さん行ってお店入ったんだけど、

店員さんが『お取り寄せになっちゃいますねぇ』と、

ほんで店内ブラブラしてたら5分後くらいに店員さんが、

『今さっき MASF の POSSESSED の中古買取があって、それお売り出来ますっ!』と、

これは運命の出会いや! と勢いで購入。

買って良かった。





この世界的ペダル・ブランド「M.A.S.F.」を主宰する愛甲太郎(AXONOX)さんは、

僕の母校 自由の森学園高等部 の同級生で、

今は『 ENDON 』ってゆー超格好良いノイズバンドもやってて大活躍されてます。

ENDON のヴォーカリスト 那倉太一 さんも同級生です。

最近作品を発表されています。



。。。ENDON、ライヴ・アルバム『MAMA IN CONCERT』をリリース。。。
↓↓↓
http://www.cdjournal.com/main/news/endon/72621



おすすめだよー♪


(了)


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0204744_353574.jpg

photo by Keiichiro Matsunaga






『 桜台 pool 』
『 Tabletop Guitars 』
数多くのスタジオ練習でより進化して参りました。
e0204744_364267.jpg






佐賀県のチャンポン屋さん
e0204744_384425.jpg





ちゃんぽんセット超美味かった♪
e0204744_393273.jpg






e0204744_3103896.jpg






『 佐賀県 Cinema Theque 』のマスターにTシャツ貰った!
e0204744_311019.jpg






ライターも貰った!
e0204744_312620.jpg






e0204744_313548.jpg







e0204744_3132291.jpg








e0204744_3135154.jpg








e0204744_314360.jpg







佐賀県鹿島市から見る有明海きれいだった
e0204744_3142573.jpg

[PR]
by ippeih3 | 2016-10-18 02:33 | Comments(0)

南アフリカ共和国(Republic of South Africa)のケープタウン(Cape Town)の写真。

前回のヨハネスブルグ(Johannesburg)に続き、
南アフリカ共和国(Republic of South Africa)のケープタウン(Cape Town)の写真です。



Cathay Pacific 航空でヨハネスブルグからケープタウンへ移動しました。
e0204744_16391126.jpg



南アフリカの国営放送局の South African Broadcasting Corporation (SABC News) に生出演しました。
ワリと急に決まったお話しだったので機材が全く無い。
ギターアンプもベースアンプもピアノもドラムセットも無い。
どうする? どうするっ!?
なので… なんと手拍子で参戦!w
日野皓正さんラッパ吹いて他全員手拍子!w
日野皓正さんが即席でかなり難しいリズムパターン作って、行きの車中でみんなで猛練習して、
で出てきた音は…、
『ピチャピチャパチャパチャピチャパチャ…』
なんやこれぇ…
メチャクチャ楽しかったw。


e0204744_16424808.jpg
e0204744_16495674.jpg

e0204744_16502574.jpg




Cape Town International Convention Centre で本番。
スゲェ盛り上がった。
良かった。
e0204744_16511345.jpg



South Africa
Cape Town
Cape Point
急勾配の石段がかなりエグかった。
日差しがメチャクチャ強い。
乾燥してる。
e0204744_16524493.jpg



South Africa
Cape Town
Cape Point
頂上
空と雲の位置が高い
e0204744_16531984.jpg



South Africa
Cape Town
Cape Point
霊長類オナガザル科ヒヒ属の Baboon 出現。
一応結構危険な猿さん。
デカイ
速い
怖い

e0204744_16535568.jpg





South Africa
Cape Town
Cape of Good Hope(喜望峰)
アフリカ大陸の最西南端
最南端は Cape Town より南東約150km離れた地点にある Cape Agulhas(アガラス岬)
生臭い

e0204744_16544417.jpg




South Africa
Cape Town
Cape of Good Hope(喜望峰)
岩壁の輪郭が凄くハッキリしていて今にも動き出しそうでとっても迫力があった。
空も海も綺麗だった。
e0204744_16552474.jpg




South Africa Cape Town のガイドの Suzzet さん
身体が大きくてイケメンで優しい
寿司が好き
e0204744_16560072.jpg




South Africa
Cape Town
Pokapu district
カラフルな建物がずっと続いてる。
見てて楽しい。

e0204744_16564113.jpg



サファリパークも行ってきた。
ホワイトライオンのボスさんが速攻でセックス仕掛けたりメスライオンさんの顔面にオシッコぶっ掛けたりヤりたい放題やってた。
猛獣だから猛獣みたいな激しいヤツやるのかと思ってたらワリと味わい深い感じで感動した。
e0204744_16573805.jpg



子ライオンさん
身体は小さいのに骨太で筋肉質で力が強い
猫さんとはワケが違う
当たり前か。
e0204744_16582986.jpg




お土産買った。
Rooibos Tea と牛骨で出来てるスプーンとお箸。
e0204744_17003526.jpg











[PR]
by ippeih3 | 2016-10-07 17:01 | Comments(0)

南アフリカ共和国(Republic of South Africa)のヨハネスブルグ(Johannesburg)の写真。

9/28(水)〜10/6(木)の期間に、
南アフリカ共和国へ『 日野皓正 quintet 』で演奏ツアーに行ってきました。
9/29〜10/2までヨハネスブルグに、
10/2〜10/5までケープタウンに滞在しました。

普段あまり行く機会も無い国だし一応写真撮ったのでアップします。

当初はヨハネスブルグの大学構内の大ホールでの演奏予定だったのですが、
ツアー前日になって大使館さんからこーゆーメールが届いて…↓↓↓





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

南アフリカ日本大使館からの注意喚起(学生の抗議運動)

 大学の授業料値上げに反対する抗議行動が各地で発生し、ヨハネスブルク市Witwatersrand大学では消化剤を浴びせられた契約職員が死亡、警察との衝突で学生の逮捕者が出ていると報じられています。また、9月30日(金)ヨハネスブルグ市サントン地区ジョージ・リー・パークでは、大学学生団体(COSAS)によるデモが開催されるため、安全には十分注意してください。

----------------------------------
南アフリカにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

                平成28年9月29日
         在南アフリカ共和国日本国大使館

報道等によれば,9月30日(金)ヨハネスブルグ市サントン地区ジョージ・リー・パーク(George Lea Park、午前9時~14時まで)において、一連の大学の授業料値上げに関する抗議運動を背景とした大学学生団体(南アフリカ学生会議(COSAS))による無許可デモが開催される予定です。

大学生による抗議行動は、南アフリカの各大学において行われ,投石,窓ガラス等破壊、放火など,一部暴徒化しており,関連して学生が治安当局に拘束されるとともに、死傷者も出ています。さらに、一部大学ではガソリンを入れた火炎ボトルの製造方法が記されたメモが見つかり、実際に火炎ボトルも警察により摘発されている由です。

今後、抗議活動の広がりや一部暴動化、学生と治安当局との衝突等にも発展する可能性も排除されませんので注意が必要です。

つきましては,邦人の皆様においては、報道等を通じて最新情報の入手に努めるとともに,抗議行動が行われる可能性が高い場所への不要不急の立入りは控えて,安全確保に努めるようにしてください。万一,事件・事故等に巻き込まれた場合は,在南アフリカ日本国大使館に連絡してください。

代表:警備、領事

                          以上

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





普段ただでさえ治安が世界トップレベルで悪いヨハネスブルグで、
更に危険な状況になってしまったらしく、
演奏は中止になってしまいました。
残念…。
大学自体での入場規制は掛けられるらしいのですが、
演奏会場の隣にある大学寮に過激デモ活動家が潜伏している可能性が高く(要はノコノコやってきた僕ら日本人を人質にして要求通す的な計画も…)、
しかし演奏したかったなぁ…。




海外の演奏ツアーは初めてでは無いのですが、
『ホテルから1歩も外に出ないで下さい!』ってのはさすがに初めてでした。
しかしそれではツマラン!
日本人のガイドさん(ヨハネスブルグ生活25年、酸いも甘いも役人にもギャングにも警察にも乞食にも顔が利く、現地人よりヨハネスブルグに詳しい、放っとくとロボットみたいにずっと喋り続ける)と、
24歳のうら若い大使館職員さんを捕まえて、
半ばムリヤリ街中に繰り出しました。
『車外には決して出ないように!』ってゆー約束で。


ヒルブロウ
e0204744_02175741.jpg



ヒルブロウ

e0204744_02190006.jpg




最初はナイジェリア人街、エチオピア人街、南アフリカ人街へ車を走らせたのですが、
街の風景が真っ黒です。
黒人さんしか居ません。
中国人とインド人さえ居ません。
ある程度危険な都市だろうがなんだろうが勝手に住み着いてコミュニティを逞しくガンガン作っていく中国人さんとインド人さんが1人も居ないんです。
アパルトヘイトが終わったばかりの頃、中国人さんとインド人さんがお店出したり住んだりしていたらしいのですが、片っ端から強盗にあったり殺害されたりしまくって、
結局郊外に居を移したそうです。
コンビニもカフェも一切ありません。
すぐ強盗にあってお店が潰れてしまうからです。
街角にはギャングさんと売人さんがウロウロしていて、
ガイドさんに『出来るだけ人間にカメラを向けないで下さい』と注意されました。

しかしここはまだ『車で走っていても強盗に会わない』ヨハネスブルグでは比較的安全な地域です。


ヒルブロウ

e0204744_02304405.jpg






小さな男の子達が街中を裸足で駆け回ったりしてます。
でも路上には時には普通に割れたガラス瓶などが散乱していたりします。
危ないなぁ、と思いました。
dhlamini
e0204744_02314799.jpg






orlando east
e0204744_02350616.jpg



ミュージアム・アフリカ
の側も通過しました。
見てみたかったんですが『責任は取れません』と…。
入り口まで近づければって感じです。

newtown
e0204744_02370662.jpg




First National Bank Stadium, "FNB Stadium"
2011年2月13日に開催されたU2の360°Tourでは94,232名を動員した。
デカすぎてカメラに収まらない。

johannesburg south

e0204744_02395395.jpg




たまに羊さんが出現。
ある程度育ったら食べるらしい。
とにかく何処行っても現地の人はよく肉を焼いて食ってる。

orlando ekhaya
e0204744_03174156.jpg









少しづつスラムに近づく。
klpriviersoog estate
e0204744_03090552.jpg




スラム。
この区域に何百万人も住んでる。

klipspruit 298-lq

e0204744_03110173.jpg



ソウェトに入ります。
e0204744_03190727.jpg





郊外の観光地。
民族衣装買った。

orlando west
e0204744_03212202.jpg



有名な Ponte Tower。
危険すぎて近くには行けないので、
付近を通る高速道路から。
Ponte Tower 付近はギャング同士が常に抗争中で、
車でも側には近付けないそうです。

berea
e0204744_03225836.jpg



Ponte Tower

berea
e0204744_03265256.jpg





とにかく何処に居ても日差しが強い。
乾燥してる。

dhlamini
e0204744_03373920.jpg











[PR]
by ippeih3 | 2016-10-07 03:27 | Comments(0)

ギタリスト 加藤 一平 jazz ギター Guitar ippei kato G Guitarist ジャズ ippei かとう いっぺい ストラトキャスター ソリッド g free フリー インプロ 即興 improvisation
by ippeih3
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
venusgood.com
from venusgood.com
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

イラスト:まるめな