ギタリスト加藤一平のブログ

<   2017年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アルトサックス奏者 松井宏樹 さん、トランペッターの Niran Dasika さん、ドラマーの 林ライガ さんと演奏します。『 新宿 ピットイン 』昼の部 14:30〜17:00

松井宏樹(as、ss)
e0204744_19120376.jpg






Niran Dasika(tp)
e0204744_19123085.jpg





林ライガ(ds)
e0204744_19130376.jpg






加藤一平(g)
e0204744_19145447.jpg
photo by 寺本達也







8月7日(月)に、

『 新宿 ピットイン 』昼の部 14:30〜17:00

アルトサックス奏者 松井宏樹 さん、

トランペッターの Niran Dasika さん、

ドラマーの 林ライガ さんと演奏します。





e0204744_19161573.jpg
Flyer by 松井宏樹







アルトサックス奏者の 松井宏樹 さんとは、

もう彼此10年以上の付き合いで、

ずっと前に僕がやっていたバンド『 Thelonious Monk Project 』に始まり、

『 鈴木勲 OMA SOUND 』、『 松井宏樹・菅原高志 カルテット 』、『 Darren Moore バンド 』、

最近では「渋さ知らズ」のトロンボーン奏者 高橋保行さんのプロジェクト『 DOBU SOUND SYSTEM 』などなど、

今までに本当にたくさん共演させて頂いていて、とっても信頼している素晴らしいサックス奏者です。







トランペッターの Niran Dasika さんはオーストラリア人で、

ここ1年くらい日本に滞在していて大活躍されているトランペッターです。

めっちゃ日本語上手。

もはや日本人であるオレより上手。マジで。

Niran Dasika さんとは1年ほど前にドラマーの石若駿さんのバンドで1度共演していて、

Niran Dasika さんのシルクのように滑らかでエロティックな音色と変幻自在のしなやかなタイム感に、

僕はもう完璧にヤられてしまいました。

僕は日野皓正さんのバンドでしょっちゅうやってるのもあってか、ラッパって割とサウンド的にマッチョなイメージがなんとなくあったんだけど、

Niran Dasika さんのように自然に柔らかくかつ力強いトランペッターってのをあまり観た事がなかったので、結構ショッキングでした。

とてもミステリアスで 美しいトランペッターだと思います。

イケメンで知的で優しいし。

うぉら。







ドラマーの 林ライガ さんは、

野獣ドラマー のなか悟空さん、本田珠也さんを師匠に持つ若手ドラマーです。

日野皓正さんがやっている『 世田谷 Dream Jazz Band Workshop 』の出身者でもある。

まだ17歳と若くて、たしかこないだ高校辞めて本格的にドラマーとしてやっていくと聞いた。

すげぇ覚悟だなぁ。

最近ではサックス奏者の 林栄一 さんや、ピアニストの 板橋文夫 さんのバンドでも演奏していて、

10代ながらも超大活躍されています。

前に僕が梅津和時さんとライブした時に 林ライガ さんが飛び入りしてくれて、

目にも止まらぬマシンガンみたいなスピードと手数でボッコボコにぶっ叩いててスゲェ格好良かった。

音楽の強い心臓を感じた。







素敵なミュージシャンと音出せるのが嬉しい。

ご来店お待ちしております。







。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0204744_20324886.jpg
photo by 山田治奈





e0204744_20341250.jpg
photo by 澤田昌史





e0204744_20343743.jpg
photo by Etsuko Fujinaka






e0204744_20380576.jpg
©️ Murata Yoshikazu






e0204744_20385737.jpg
©️ Murata Yoshikazu







‪そういや前に『 Tabletop Guitars 』リーダーの 谷保典 さんに菜の花たくさん頂いた。‬ ‪
ご近所付き合いって嬉しいっすね〜。‬ ‪
おひたし‬にして食った。
超美味しかった。
e0204744_20402797.jpg






『 ギター ドランカーズ 』飲み会。‬
e0204744_20424061.jpg







‪夏バテしそうだったから豚キムチ作ってみた。‬
‪結構美味しく出来た。‬
e0204744_20432462.jpg





e0204744_20445139.jpg






中野にある『 空想科学 』ってゆーバーに行って狂った。‬ ‪
しかし中野はディープだわ…‬ ‪
『 中野の変わり種BAR5選 』
↓↓↓


e0204744_20450928.jpg












[PR]
by ippeih3 | 2017-07-30 19:20 | Comments(0)

僕がここ数年間で最も影響を受けたギタリスト 谷保典さん、神戸智浩さんと3人でソロギターライブをします。" 大久保 ブエナ "

8月27日(日)に、

『 大久保 ブエナ 』 ってお店で、

僕がここ数年間で最も影響を受けたギタリストのお二人、

谷保典 さん 神戸智浩 さんと、

3人各々それぞれのソロギターによるライブをします。






谷保典(g)
e0204744_02160772.jpg




神戸智浩(g)
e0204744_02163865.jpg




加藤一平(g)
e0204744_02170633.jpg
Copyright ©️Murata Yoshikazu





e0204744_18352463.jpg
Flyer by 谷保典








もともとジャズを弾けるようになりたくて20歳でギターを始めて、

教則本を必死こいて読んだり レコード・CDを片っ端から耳コピしまくって 独学でコツコツとジャズギターを勉強していた自分にとって、

26歳くらいでこの2人の演奏を初めて聴いた時はもう本当にショックでした。

それまで自分が一生懸命学んできた全部が意味無かったんじゃないか?ってくらい思った。





谷保典 さんのルーツは Electronica 。

神戸智浩 さんのルーツは Techno、Krautrock、(だっけ忘れたごめん)。

僕のルーツは一応 JAZZ 、多分。




音楽的なルーツはおそらくかなり違う3人なんだけど、

なんかスゲェ3人とも仲がいい。

3人とも練馬区の江古田に住んでて、

最近も 谷保典 さんの実家からナスとか野菜が大量に送られてきたから3人で山分けする的な話しになったけど、

オレはもう来週ツアーに出ちゃうから貰えなくてちょと悲しいとか、

もうそんくらい仲いい。




分かった! もうアーティストみんな江古田に住もうそうしよう!

野菜分けようそうしよう!





自分のエフェクターの使い方は、

この2人と共演したり ライブを何度も聴きに行ってお話ししたりして、

そうやって使い方を物真似していきました。

今の僕のギターの原音と音作り、エフェクターとの関係性は、

この2人から頂いたものです。






ジャズギターだけやってると、

エフェクターを使うってことが ある種の『逃げ』みたいに思われることが少なくないと個人的に感じるんですが、

楽器を弾くって事も純粋に音響的な面も含めて 音楽として しっかり自立出来てるこの2人の演奏を聴くと、

そこで起きる音楽の美しさにいつも感動します。

もう『JAZZ』とか有っても無くてもどっちでもいいよ。

良ければいいんだから。






この3人で集まって各々のギターパフォーマンスが出来る、聴けるってのは、

僕にとっては もう本当にこれ以上ないくらい贅沢でサイコーに嬉しい。

生きてて良かった。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



e0204744_03304665.jpg




e0204744_03311840.jpg
photo by Etsuko Fujinaka





e0204744_03330200.jpg
photo by Etsuko Fujinaka





e0204744_03334297.jpg




e0204744_03341252.jpg





e0204744_03344108.jpg
photo by Rico Yuzen








トマト&キャベツ&チキンとか色々煮てみた。‬
‪普通に美味しい。‬ ‪
もちょっとニンニク入れても良かったか…‬
とりあえず「煮る」ってイイっすね!
e0204744_03355053.jpg




e0204744_03381331.jpg
Copyright ©️Murata Yoshikazu







座ってギター弾く‬ ‪
メリット:エフェクターを両足で同時に操作出来る、 お尻と両足で体幹を維持できるので安定する‬ ‪
デメリット:目立たない‬ ‪

立ってギター弾く‬ ‪
メリット:目立つ、テンション上がる‬ ‪
デメリット:片足立ちのエフェクター操作でフラつく‬ ‪

座ったまま浮遊出来ればイイのか‬。
e0204744_03390338.jpg





e0204744_03404032.jpg
photo by ‪‪Matsubara Masumi





e0204744_03413031.jpg






e0204744_03414887.jpg












[PR]
by ippeih3 | 2017-07-16 02:01 | Comments(0)

『渋さ知らズ』の超ぶっ飛んでるサックス奏者 立花秀輝さんのカルテットで演奏します! "立花秀輝(as)加藤一平(g)落合康介(b)江藤良人(ds)"

立花秀輝(as)
e0204744_02015317.jpg





8月21日(月)に、

『 中野 セロニアス 』ってゆー素敵なお店で、

『 渋さ知らズ 』の超弩級にブっ飛んでるサックス奏者 立花秀輝さんのカルテットで演奏します!




当日のメンバーは、




立花秀輝(as)
e0204744_02192181.jpg





加藤一平(g)
e0204744_02194556.jpg
Copyright ©️Murata Yoshikazu







落合康介(b)
e0204744_02203731.jpg





江藤良人(ds)
e0204744_02205808.jpg



でっす。







立花秀輝さんと江藤良人さんは、

むかし東京都調布市にあったジャズスクール 武蔵野音楽学院の同窓生だったって最近知った。

自分的にこの2人が全然繋がらない感じがしていたから、

人の交わりって面白いもんだなぁって思った。






サックスの立花秀輝さんとは『 渋さ知らズ 』ってゆーバンドでいつも共演させて頂いているのですが、

一癖も二癖も三癖も四癖も十癖も百癖もあるような『 渋さ知らズ 』メンバーの中でも、

立花秀輝さんはダントツに尖っててパンクで美しくて、

ダイヤモンドで出来た核弾頭みたい。

超カッコイイ❤️

共演出来ていつも幸せです。






ドラマーの江藤良人さんには、去年くらいからよく声を掛けて下さっていて、

日本屈指の高いドラミング技術を持っている凄いジャズドラマーです。

一緒に演奏していて どんだけアクロバティックでカオスな音楽状況になっても、

身体とドラムセットごと地面に根っこが生えてるみたいに一本筋が立っているように見えて、

ドラム叩くために生まれてきたんじゃないかなこの人 っていつも感じます。






ベーシストの落合康介さんとも 今まで何度も共演させて頂いていて、

シビアな変拍子から自由なフリーの演奏も 何処でもいける才能溢れたベーシストで、

共演するたんびに勉強になります。

2011年に亡くなってしまった偉大なベーシスト 故・是安則克さんを尊敬しているらしくて、

同じでは全然無いのですが サウンドの手触りに似た雰囲気を感じて、

僕は落合康介さんのベースプレイが大好きです。






素敵なアーティストと演奏出来るのが嬉しい。

ご来店 超お待ちしております。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



e0204744_03160455.jpg
Copyright ©️Murata Yoshikazu





e0204744_03164532.png




e0204744_03170544.jpg





e0204744_03173818.png




e0204744_03175960.jpg







ラーメンラーメンラーメンラーメン
パクチーパクチーパクチーパクチー
e0204744_03190086.jpg







新幹線さんイケメン
e0204744_03195652.jpg




e0204744_03204400.jpg
photo by Matsubara Masumi







『 渋さ知らズ 』のリハーサルのDVDとかあっても面白いなぁって思った。
全く違うルーツを持つアーティストが集まって リーダーの不破大輔さんがダンドリしていく。
混沌を混沌のまんま強力な場の表現にしてしまう。
正規の音楽大学とかで学生さんに観せてあげたら きっととっても刺激になるんじゃないかな?って思う。
e0204744_03213568.jpg







駅弁の牛タン弁当と主催者さんに頂いた柿の葉寿司。‬
新幹線で食べる駅弁はレア感あって若干嬉しいけど、
やっぱり自宅で食べる納豆ご飯とか卵ご飯とかの方がなんか安心するし好き。
夏だからゴーヤチャンプルー作ろうと最近思ってる。
e0204744_03255412.jpg











[PR]
by ippeih3 | 2017-07-15 02:03 | Comments(0)

8月のスケジュールです!

8月1日(火)

『 新宿 ピットイン 』

『 渋さ知らズ オーケストラ 』










8月6日(日)

『 六本木 クラップス 』

『 .PUSH(ドットプッシュ)』

西村匠平 (ds) 

中島朱葉 (as、ss) 

魚返明未 (p) 

大塚義将 (b)  

ゲスト:加藤一平 (g)










8月7日(月)

『 新宿 ピットイン 』 昼の部 14:30〜17:00

松井宏樹(sax)

Niran Dasika(tp)

加藤一平(g)

林ライガ(ds)










8月8日(火)

『 中野 セロニアス 』

竹内直(sax)

加藤一平(g)

DUO










8月10日(木)

『 羽村 ボニー&クライド 』

『 ギター・ドランカーズ 』

片岡幸徳(g)

下田雄人(g)

田中裕一(g)

石井信義(g)

加藤一平(g)










8月11日(金祝)

『 中野 スイートレイン 』

高樹レイ(vo)

中牟礼貞則(g)

加藤一平(g)










8月15日(火)

『 帝国ホテル 東京 』

『 インペリアル ジャズ 2017 』

『 日野皓正 バンド 』










8月16日(水)

『 池袋 フラットファイブ 』

北川秀生(b)

野津昌太郎(g)

加藤一平(g)

服部マサツグ(ds)










8月19日(土)

『 世田谷 パブリックシアター 』

『 日野皓正 バンド 』










8月20日(日)

『 立川 ジェシージェームス 』

松原慎之介(as)

加藤一平(g)

高橋陸(b)

叶雅久(ds)










8月21日(月)

『 中野 セロニアス 』

立花秀輝(as)

加藤一平(g)

落合康介(b)

江藤良人(ds)










8月22日(火)

『 入谷 なってるハウス 』

松原慎之介(as)

加藤一平(g)

DUO










8月23日(水)

『 入谷 なってるハウス 』

『 騒乱武士 with 梅津和時 』

のなか悟空(ds)

梅津和時(sax)

クラッシー(指揮、per)

天神直樹(tp、法螺貝)

石川寧(tp)

輿石bucky智弘(sax)

小林ヤスタカ(sax)

西田紀子(fl)

加藤一平(g)

栗田妙子(p)

須川崇志(b)

セコ・サンチェス(perc)










8月24日(木)

『 池袋 フラットファイブ 』

『 Parallel Universe 』

岡田ケイタ(ds、el-b)

加藤一平(g)

北川秀生(b)

OLIVE(ds)










8月26日(土)

『 大泉学園 インエフ 』

坂本千恵(p) 

加藤一平(g)

伊地知大輔(b)

坂本貴啓(ds) 










8月27日(日)

『 大久保 ブエナ 』

『 Impro Guitar Solo × 3 』

谷保典(g)from "Tabletop Guitars"

神戸智浩(g)

加藤一平(g)










8月28日(月)

『 荻窪 ルースター 』

『 Freedom Rocks 』

江藤良人(ds)

田中邦和(ts)

加藤一平(g)

かわいしのぶ(b)










8月30日(水)

『 日吉 Wonder Wall Yokohama 』

秋田"ゴールドマン"紀彰(b)From 『 SOIL&”PIMP”SESSIONS 』

田中邦和(sax)

加藤一平(g)

江藤良人(ds)










8月31日(木)

『 レコーディング 』

『 Squid Squad 』

紺野智之(ds)

吉本章紘(ts、ss)

加藤一平(g)

座小田諒一(b)








。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



以上です。

ご来店 超お待ちしております。





この前 ある凄腕の先輩ギタリストがお客さんに「リヴァーブのエフェクターを使うなんてジャズじゃない」的な事言われたって笑ってたんだけど、なんかギターのコンパクトエフェクターって結構色々誤解されてる感じがしないでもないんだけど。
ギターのコンパクトエフェクターって あれシンセサイザーみたく丸々音声データ情報で出てるんでなくて 原音に対してアプローチしてるだけの単なるアナログ機械だから エフェクター通してない原音がショボかったらエフェクター使ってもショボいんですよ。全部解決してくれる万能器具じゃない。
その先輩ギタリストは もう本当に高いレベルでいつも音楽を演奏する方で 僕なんか全然比べ物になんないくらい凄い音出す人なんだけど。
そんな人がそんな事言われちゃう領域に『JAZZ』なんてモンが 2017年になっても未だにまだ本当にあるんであれば そんなモン今すぐ無くなって欲しいと心底思った。
なんてくだらない出来事なんだろう と心底呆れた。
そこで起きている音楽状況が良いか悪いかの判断なんて 個人でちゃんと出来なきゃいけない。
それがもし仮に『アーティスト』を名乗ってるんなら尚更で。
時々だけど違和感を感じる。
「僕(私)〇〇〇〇を尊敬してる」って。
尊敬するって事と理解するって事は 一見似てるようだけど全然違うモンだと自分は思っていて、
少なくとも人前に出るのが仕事の「アーティスト」であれば 尊敬すると同時にその対象に唾吐きかけるくらいの覚悟とか勇気ってオレは絶対必要だと思ってる。
どんだけ尊敬なんかしたって それには成れませんからね。
違いますから。
他人ですから。
だから苦しむんだと思ってる。
そのプロセス無しに「音楽って難しいよね〜」とか なんか笑ってしまう。
歴史に残る偉人が残してくれた人類の宝みたいなイディオムとか 尊敬する先輩の助言だったり、
モチロンそれで救われた事なんて僕は数え切れないくらいあるけど。
あるけども…
自分以外の100万人全員に「お前のそのやり方 間違ってるよ」って言われた時 「え?でもオレ気持ち良かったよ。それをみんなに伝えたいよ」ってなんて事なく普通に言えるか、ってゆーかそーゆー音出してるか、って話しで、俺は出してる。それを共演者にもお客さんにも伝わるヴァイブスは出せてる気がする。
だけど 1年後はもっと出してる。
5年後はもっと出せてる。
10年後 30年後(生きてるか分からんがw)もっと今よりもずぅっっっっっっっっと絶対出せてると思う。
そーゆー強い予感がする。
そのために毎日必死こいて楽しんでる。
Wes Montgomery さんに「オホホホ 一平 そんな風にギター弾いちゃいけないよぉ」って言われたら、俺が何をどう感じてどう演奏してるのか Wes Montgomery さんにちゃんと説明出来るよ。
説明しても分かって貰えなかったら仕方ないけど。
でも何度でも説明出来る。
Wes Montgomery さんみたいに演奏は出来ないしするつもりも全然無いけど、違うってのは知ってるから。
当たり前の事だと思ってる。




なんか酔っ払ったんで書いてみた。
とっちらかった。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


e0204744_04165415.jpg
photo by 山田治奈





e0204744_04172843.jpg
Copyright ©️Murata Yoshikazu





e0204744_04182698.jpg
photo by Chikahiko Suzuki







夏なのでゴーヤチャンプルー作るの勉強中っす。
ゴーヤの表面デコボコしてて気持ちいい。
e0204744_04192524.jpg




e0204744_04213380.png




e0204744_04222799.jpg





e0204744_04231338.png





e0204744_04234341.png



e0204744_04242214.jpg





e0204744_04245746.png







福島県成蹊高等学校吹奏楽部の方々に指導する日野皓正さん。‬
日野さんは高校生や中学生に音楽を教える時も、
ドン引きするくらい一切容赦無し。
真剣勝負。
文字通り全身全霊。
相手が何十年後輩だろうが 全くお構いなし。
凄く愛情深い人なんだなぁ といつも思う。
e0204744_04265688.jpg





リハーサル
e0204744_04313155.jpg
photo by 伊谷江美子







‪駅弁のブリ寿司とお客さんに頂いたマス寿司。‬
e0204744_04322313.jpg








夜行バスとか新幹線とか飛行機の全座席にドラゴンボールに出てくる体力回復装置設置してくれれば遠出も苦じゃなくなる。‬ ‪
現地到着した瞬間にスーパーサイヤ人的な演奏出来る気がする。‬ ‪
中の回復する水に『黒牛弁当』とか『鱒寿司』とか味付けれれば駅弁も兼ねれる。‬
e0204744_04332919.jpg







ってゆーかこれで移動出来れば1番早い。
‪量子コンピューターも出て来てるし こんくらいのワリとすぐイケる気がする。
e0204744_04344152.jpg









[PR]
by ippeih3 | 2017-07-13 02:59 | スケジュール | Comments(0)

『 加藤一平バンド(仮)』のレコーディング途中経過…

『 加藤一平バンド(仮)』のレコーディング途中経過…

バンド名もうすぐ決まりそう(多分)。






加藤一平(g) 
e0204744_03220370.jpg
Copyright ©️Murata Yoshikazu







金子由布樹( electronics、tape、toys、edit ) from " polyphonic parachute " 
e0204744_03222676.jpg





村田直哉( turntable )
e0204744_03225806.jpg







初ライブの 2017年 3/4(土)、
この日 あんまりにも素晴らしすぎたんで もうこれ絶対レコーディングしたいって2人にお願いした感じで。
e0204744_03231524.jpg
photo by 石井睦子




e0204744_03270363.jpg







こないだの 2017年6月に2回レコーディングした。



6/10(土)
e0204744_03292300.jpg






6/20(火)
ガットギターも使ってmanipulateしてみた。
すげぇ良かった。
e0204744_03302075.jpg







ラップトップの 金子由布樹 さんは 演奏もモチロン激ヤバなんだけど、

録音・編集・マスタリング も出来て、レーベルも持っててデザインもこなせる かなりコンプリートなアーティストで。





今回 やる音楽の性質もあって、

「レコーディング、何処でやろうか… はぁ〜〜〜〜…」って毎日溜息つきながら業者さん探しに億劫になってた時に、

金子由布樹 さんが電話で、

「あ、オレ録りたいわぁ。ヤらせてぇ。編集もしたい。」

って言ってくれて…。





レコーディングってなると、

エンジニアの存在って もう丸々音楽の共演者と同じだから、

ちゃんとそこで起きてる音楽の快楽の意図が分かってる人じゃないと絶対に任せられないし、

そーゆー事も自分が長年レコーディングに踏み切れなかった原因でもある。






金子由布樹 さんがずっと前からやってる多幸感サイケデリック・バンド『 polyphonic parachute 』は、

僕は6年くらい前からファンで、

その 金子由布樹 さんと一緒に音出せるってのがそもそもありがたいのに、まさかそこまで言ってくれるとは…。

『 polyphonic parachute 』の音で 金子由布樹 さんの音楽と編集センスの凄さは身体に身に沁みてるから、

電話でそれ唐突に言われたとき僕は喫茶店でコーヒー飲んでたんですが嬉しすぎてウンコ漏れそうになりました。

あれは真剣に危なかったホントに。







1回目のレコーディングから素晴らしくて、

2回目ではさらに異なるヴァリエイションも出てきて、

自分が描いた曲やモチーフが悉く気持ちイイ所にしか行かないこの感じ、

早くみんなに聴いて欲しい気持ちでいっぱいです。






ターンテーブル奏者の 村田直哉 さんも、

唯一無二の音楽の呼吸と立体感とユーモアを生み出してくれて、

この人が居ないと この3人での音楽は絶対に成立しないです。

本当に超個性的で素晴らしい音楽家だと思います。





とゆーわけで、

ただいま 金子由布樹 さんがお忙しいなか 1回目・2回目の録音物を編集中で、

その後は今んところ未定です。





気持ちイイものにしたい。




また進捗あったら報告します。



以上っす〜♪




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



e0204744_04530091.jpg
Copyright ©️Murata Yoshikazu






e0204744_04532509.jpg



e0204744_04533465.jpg



e0204744_04534635.jpg







生姜焼き作ってみた。
けっこう美味しく出来た。
おナスさんは炒めると縮むんすね。
空いたスペースにサヤインゲンも入れちゃえば良かった。
e0204744_04535731.jpg






e0204744_04545699.jpg
photo by 石井彰






e0204744_04553204.jpg
photo by 石井彰





e0204744_04555009.jpg
photo by 石井彰












[PR]
by ippeih3 | 2017-07-11 03:33 | Comments(0)

素晴らしい若手ドラマー西村匠平さんのバンド『.PUSH(ドットプッシュ)』のレコ発ライブに出演させて頂きます『六本木クラップス』

西村匠平(ds)
e0204744_01284755.jpg






『 六本木 クラップス 』
e0204744_01294373.jpg







8月6日(日)に、

『 六本木 クラップス 』ってゆーお洒落なお店で、

素晴らしいジャズドラマー 西村匠平 さんのバンド、

『 .PUSH(ドットプッシュ)』のレコ発ライブに出演します。






僕もゲスト参加させて頂いた、

西村匠平 さんのバンド『 .PUSH(ドットプッシュ) 』のファーストアルバム『 Part 1 』が、

2017年 3/22(水)に発売されました!





※ disk union から転載
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
e0204744_01414290.jpg
『 .PUSH(ドットプッシュ) 』
『 Part 1 』




レーベル:アポロサウンズ
国(Country):JPN
フォーマット:CD
規格番号:APLS1703
通販番号:XAT-1245665674
発売日:2017年03月22日
EAN:4526180410614
(2,500円 + 税)




メンバー
西村匠平(ds)
中島朱葉(as、ss)
魚返明未(p)
大塚義将(b)
guest : 加藤一平(g)




商品レビュー

「ポップでキャッチー、かつ熱いジャズ」をモットーに結成された4人組バンド、”.PUSH”(ドットプッシュ)。注目のファーストアルバムをリリース!! 2016年春に結成。若手ジャズミュージシャン4人による瑞々しい感性と勢いのある演奏が大きく注目を集めるバンド”.PUSH”(ドットプッシュ)。メンバーには、歌ものポップユニット”ものんくる”のドラマーとしての活動を中心に、エモーショナルなドラミングに定評のあるリーダーの西村匠平(ものんくる他)。ジャズ界の大御所である大西順子や北川潔との共演を果たし、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのサックスプレイヤー中島朱葉。自身のファーストアルバム『STEEP SLOPE』でも見せた高い作曲センスと爆発的な演奏力を持つピアニスト魚返明未。若手からベテランまで世代を超えた共演者達から熱い信頼を集めるベーシスト大塚義将。唯一無二のサウンドを持つギタリスト加藤一平 (from.日野皓正クインテット)のゲスト参加も話題を呼んでいる。誰もがその実力を認める若手ジャズミュージシャンたちが一同に集結。「バンド」として音を出す喜びに溢れた1stアルバム『Part1』が2017年3月に待望のリリース。 (新譜案内より)




ソングリスト
1. Ora2 (Shohei Nishimura)
2. Lonely Bridge(Ami Ogaeri)
3. Town Work (Shohei Nishimura)
4. OMATSURI (Shohei Nishimura)
5. SAG~始発、朝焼け、5時散歩~ (Shohei Nishimura)
6. Rise & Fall(akiha nakashima)
7. Waltz for You(Yoshimasa Otsuka)
8. Part 1 (Ami Ogaeri)



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





去年の2016年 12/5(月)12/6(火)と2日間に渡ってレコーディングに参加させて頂いて、

現在こうして形になったのが凄く嬉しいです。






8月6日(日)ライブ当日のメンバーはレコーディング時と同じく、




西村匠平(ds)
e0204744_01522302.jpg





中島朱葉(as、ss)
e0204744_01530208.jpg





魚返明未(p)
e0204744_01531604.jpg






大塚義将(b)
e0204744_01533330.jpg





ほんでゲスト参加で、

加藤一平(g) 
e0204744_01540270.jpg
Copyright ©️Murata Yoshikazu






どぇす。






youtube の告知動画♪




『 .Pushアルバム『Part 1』告知動画 』








『 .Push(ドットプッシュ)アルバム『Part 1』視聴動画 』







日本若手トップクラスのジャズミュージシャンの方々とレコーディングしてレコ発ライブが出来て、

とっても嬉しいです。




ご来店お待ちしております。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



e0204744_02291812.jpg
photo by Keiichiro Matsunaga







‪これはムリっすw‬ ‪
@hokuto500‬ ‪
アメリカのトラックのシフトパターンが鬼すぎて笑った。これ運転できる人いんのかよ。ミッションの中身どうなってんだよ。
e0204744_02310153.jpg






‪rooibos tea うめぇ‬‬
e0204744_02320423.jpg






‪草間綾音氏に突然ラーメン貰った。‬ ‪
ラーメン奢ってくれる人は神様です。‬
e0204744_02325335.jpg






ヤキソバ作ってみた。‬ ‪
出来るだけ油を使わないように炒めものするの難しいなぁ…‬
e0204744_02335081.jpg




e0204744_02344897.jpg
photo by ユカポン






‪‪グリーンカレー作ってみた。‬ ‪
写真撮ったらドブ川みたくなったw‬ ‪
味は まぁ普通に食べれる。
e0204744_02354073.jpg










[PR]
by ippeih3 | 2017-07-10 01:37 | Comments(0)

アルトサックス奏者 松原慎之介さんのバンドで演奏します!『松原慎之介(as)20歳 、高橋陸(b)21歳 、叶ガク(ds)中学生 、加藤一平(g)オッサン 』

松原慎之介(as)
e0204744_01493238.jpg



e0204744_18505388.jpg




8月20日(日)に、

『 立川 ジェシージェームス 』ってお店で、

アルトサックス奏者 松原慎之介 さんのバンドで演奏します!

みんな若ぁっ!






当日のメンバーは、





松原慎之介(as)20歳
e0204744_01495950.jpg






高橋陸(b)21歳
e0204744_02024120.jpg







叶ガク(ds)中学生
e0204744_02054318.jpg






加藤一平(g)オッサン 34歳
e0204744_02143867.jpg
Copyright ©️Murata Yoshikazu






です。






しかし最近の若い人達ってホントにどいつもこいつもメチャクチャ上手なんですよねー。

自分が20歳くらいの時って、

まぁオレがあんまし知らないだけかもしんないけど、同世代でこんなにしっかり演奏出来る人達 ほとんど居なかった気がする。

全体的に演奏力のレベルが高いんですよねー。






自分は楽器始めたの20歳だったから、

その頃はFのブルースと枯葉とサテンドールだけ覚えて ジャズのジャムセッション行って毎回撃沈していた記憶が…。

今回の 叶ガク さんなんて中学生!

なんだそれ!

中学生でジャズドラムとか、ハッキリ言って頭おかしいとしか思えん。

もっと他に色々やることあるだろ!

自分が中学生の時なんて、池袋西口のマックで○○○○したり 渋谷センター街で○○○○やったり まったく全然イイ思い出が無い。

オレももっと早く楽器やりたかったなぁ。

本当は中学生くらいからやりたかったんだけど「出来るはずない」って思い込みで結局手出さなかった。








アルトサックス奏者の 松原慎之介 さんとは、

彼のリーダーバンドや『 渋さ知らズ 』でいつも共演させて頂いていて、

毎回 ハイテクニックでエネルギッシュでパワフルな演奏をしていて、耳もスゲェ良いし、

個人的にとっても信用しているサックス奏者です。






ベーシストの 高橋陸 さんは、

1度だけ松原慎之介さんのバンドで共演させて頂いて、

あと オレがエレキベースの練習したくて『高田馬場イントロ』のジャムセッション行った時に、高橋陸さんがセッションホストやってて、2ベースで一緒にランニングさせて貰ったりした。あれは勉強になった。

Scott LaFaro みたく人が喋るみたいに自然にコントラバスを弾いていてスゲェなぁって思った。






ドラマーの 叶ガク さんとは初共演です。

松原慎之介さん曰く、とっても格好良いドラマーだそうです。

中学生と共演すんのとか初めてかもしれんw

スゲー楽しみ。







年齢とかキャリアで格好良いか格好悪いとか、実際言うほどほとんど関係無いっすからね。

なんらかの表現って その瞬間やるかやらないかって事にほとんど凝縮されてるように思います。




たくさん貰いたいし たくさん与えたい。





ご来店お待ちしております。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0204744_03241688.jpeg
Copyright ©️鈴木美香







パーカッション奏者のユカポンさんは隣にドラえもんが居るとアラレちゃんにしか見えない。
ユカポンさんのカホンの中は4次元で出来ていて 中に柿の葉寿司とかジャガリコとか靴とか手榴弾とか劣化ウラン弾とか色々入るから凄く便利です。
e0204744_03245527.jpg







ユカポンさんに暗譜ラーメン貰ったからこれで譜面も怖くありません。
e0204744_03284537.jpg





‪『 横浜 エアジン 』店長のウメモトさんが着てたオバケTシャツが味わい深くて可愛かった。
オバ連こと「国際オバケ連合」ってゆーバンドのTシャツだそうです。
オレも自分のバンドのTシャツとか作ろうかな…?
あ、今レコーディング中でーす!
e0204744_03302455.jpg







土が付いてる野菜好き。‬
e0204744_03333619.jpg






e0204744_03362213.jpg
photo by Matsubara Masumi






e0204744_03374626.jpg
photo by 草間綾音





e0204744_03390185.jpg
photo by 草間綾音






e0204744_03391995.jpg
photo by 草間綾音






いえい♪
e0204744_03394328.jpg
photo by 草間綾音















[PR]
by ippeih3 | 2017-07-07 01:39 | Comments(0)

『 Tabletop Guitars 』で『下北沢アポロ』に初出演しまーーーーす!!!

e0204744_01220319.jpg
fliers by Keiichiro Matsunaga







7月10日(月)に、

奇才ギタリスト 谷保典 さん率いる『 Tabletop Guitars 』で、

『 下北沢 アポロ 』に初出演しまーーーーす!!!







。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


『 Tabletop Guitars 』
e0204744_01265877.jpeg
卓上にギターを置いて演奏する事をコンセプトに2011年に結成。以降エレクトロニカや電子音楽、ロック、ノイズ、フィールドレコーディング、インプロ、音響系などの様々なアーティストとの共演や映像とのコラボレーションなどを経て、時にBPMを感じさせる演奏や、フリーキーなノイズ、静謐な音響表現など、即興演奏ながらもヴァリエーションとレイヤー感を獲得する。2015年より 谷保典、松永圭一郎、永田健太郎、加藤一平 の4人で活動中。




ホームページ
↓↓↓



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。






『 下北沢 アポロ 』には僕は個人的に様々なコラボレーションでお世話になっていて、

とっても信用している本当に素晴らしいお店です。

最近は特にヨーロッパのアーティストの出演もグングン増えてきていて、

音楽や芸術にとっての『 下北沢 アポロ 』ってゆー場所の価値もブイブイ上がってるように感じます。

そんな素敵なお店に『 Tabletop Guitars 』で出演できるのは超嬉しい。






e0204744_01365621.jpg




e0204744_01371897.jpg




e0204744_01373337.jpg






メンバーはいつも通り、







谷保典( Tabletop Guitar )
e0204744_01390012.jpg





松永圭一郎( Tabletop Guitar )
e0204744_01391560.jpg





永田健太郎( Tabletop Guitar )
e0204744_01413855.jpg
photo by 雨宮麻琴






加藤一平( Tabletop Guitar )
e0204744_01421377.jpg
Copyright ©️Murata Yoshikazu






です!





あっ、普通にギター抱えてる写真も貼っちゃいましたけど、

これはなんとなくイイ感じの写真貼っただけで、

本番では抱えてないですよ。

ちゃんとテーブルトップ(テーブルの上に置く)して演奏しますよ。

このバンドは絶対にギターを Tabletop して演奏するバンドです。

もし万が一ギターを抱えてしまったら、その時はその場で「死刑」です(ホントに)。

『 Tabletop Guitars 』の厳しい掟です。








しかしエレクトリックギターって本当に面白い楽器で、

ほとんど全ジャンルでポピュラーに使われてる楽器なんですけど、

ワリと存在自体がノイジーってゆーか、

そーゆー宿命すら持ってるんじゃないのかな?ってくらいの性質を感じます。

ノイズ表現との相性が抜群に良い楽器だと思うんです。

僕は普段からジャズやらポップスやらロックやら色んな音楽に手を出してる人間なんですが、

誰とどんなバンドでどーゆー演奏する時も、

エレクトリックギターの愛らしいノイズの存在感を感じます。

ってゆーか それからは逃げられない楽器なんです この楽器は。

でも 僕たち人間だって 普通に生きてたら自分の身体から24時間ノイズ出しまくってますからね。

生まれてから死ぬまで 自分のノイズを感じて生きてます。

自らの心身から出てるノイズから目を逸らせば逸らすほど不自然になっていきます。

発してしまってるノイズが自然なのか不自然なのかって話しがそもそも不毛です。

出てるんだから。

消せないから。

エレクトリックギターにケーブルぶっ刺した瞬間から 楽器が勝手に呼吸し始める感じとか 僕は凄く好きです。








「テーブルの上にギターなんて置いて演奏なんか出来るの?」って思われるかもしれませんが、

出来るんですねぇこれが。

勿論「ギターを抱えて弾く」演奏は出来なくなるんですけど、

「ギターをテーブルの上に置いて弾く」演奏が出来るようになるんです。

両方ともやれることが全然違ってくるんですね。

とっても面白いです。

Keith Rowe や Fred Frith の演奏聴けば分かるけど、

プリペアド奏法の可能性って無限にあります。

大事な事は 慣れやセンスの問題で、

テーブルトップする事で何か制約が掛かるとかでは無いんだなぁ と最近つくづく思います。

そう思えるのも、

頭だけで観念をあーだこーだと捏ねくり回すんでなくて、

『 Tabletop Guitars 』ってゆー素晴らしいコンセプトとサウンドを持ったバンドで実際に「体験」させて貰えたからこそ思えるんだと思います。

「技術が感性に奉仕する」ってのは 極々当たり前で、

逆になっちゃったらスゲェつまんなくなるってゆーよくある話しで。







『 Tabletop Guitars 』で演奏するのは 僕は凄く勉強になるし、

とっても楽しいです!






ご来店お待ちしております。






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0204744_02093079.jpg
Copyright ©️烏賀陽弘道






e0204744_02101078.jpg
photo by ユカポン






e0204744_02104454.jpg
photo by 寺本達也






e0204744_02120225.jpg
photo by ユカポン






e0204744_02124281.jpg
photo by 寺本達也







‪餃子……‬ ‪
@more_gain‬ ‪
宇都宮の山野楽器が本気出した結果‬
e0204744_02132316.jpg













[PR]
by ippeih3 | 2017-07-05 01:43 | Comments(0)

ベテランジャズサキソフォーン奏者の竹内直さんとDUOで演奏します!

竹内直(sax)
e0204744_01342521.jpg






8月8日(火)に、

『 中野 セロニアス 』ってゆー素敵なお店で、

ベテランの凄腕ジャズサキソフォーン奏者の、

竹内直さんとDUOで演奏します!

うお〜 イカツイ。





e0204744_01344747.jpg




竹内直さんは、

日本でもトップクラスの技術を持つベテランサックス奏者の方です。

そんな人とDUOで演奏できるのは、とても光栄です。





何ヶ月か前に、

『 上町 63 』ってお店で、

ドラマー岡田ケイタさんのバンドで竹内直さんと1度だけ共演させて頂いていて、

お店のスペース上 僕は竹内直さんのほぼ真後ろで演奏する事になって、

「あれ〜 これ竹内さんの音聴こえないかもなぁ うむ〜…」とか始まる前に密かに思ってたんですけど、

いざ始まったら…、聴こえる聴こえる! ってゆーかスゲェかった!

後ろから見える竹内直さんの首とか背中の筋肉とか背骨とかお股の下からとか もうヴォンヴォンバンヴォン聴こえてきた。

僕はサックス吹けないからサックスの事よく知らないんですけど、

サックスの音って前に付いてるベルから出てるだけじゃなくて、

もう身体全体が共振しまくって出てるんだなぁってその時思いました。

ってゆーか そーゆー事が出来る日本トップクラスのサックス奏者の方なんだなぁと。

とっても感動しました。

大きく見える背中に 押しつぶされそうな迫力を感じて、スゲェ興奮しました。






また共演出来るのが嬉しいです。

しかもDUOで!

ご来店お待ちしております。






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



e0204744_02085358.jpeg
Copyright ©️鈴木美香






e0204744_02105876.png





e0204744_02113036.jpg
photo by 山田治奈





e0204744_02123865.jpg
photo by 山田治奈





e0204744_02133000.jpg
photo by Chikahiko Suzuki






e0204744_02161192.png






‪こないだ『 新横浜 ラーメン博物館 』行ってきた。‬ ‪
昭和レトロな雰囲気で素敵っす。
e0204744_02174469.jpg






『 支那そばや 』の『 限定塩金華豚特上チャーシュー麺 』食った!‬
‪1700円っ!!!‬ ‪
どんなんが来やがるんかとドギマギしてたら 案外あっさりしてて優しい味。
e0204744_02185224.jpg





ラーメン屋でキメ顔(のつもり)。
e0204744_02210530.jpg





e0204744_02230768.jpg
photo by Matsubara Masumi






e0204744_02241399.jpg





e0204744_02244161.jpg
photo by 伊達政保






e0204744_02254779.jpg
photo by 伊達政保












[PR]
by ippeih3 | 2017-07-04 01:51 | Comments(0)

写真家の 村田善一 Murata Yoshikazu さんが撮ってくれた写真。(静岡県 " 頂 - ITADAKI - フェス 2017 at 吉田公園 " 渋さ知らズ オーケストラ)

村田善一 Murata Yoshikazu
e0204744_16543429.jpg




写真家 photographer の、

村田善一 Murata Yoshikazu さんが撮ってくれた写真です。

『 静岡県 " 頂 - ITADAKI - フェス 2017 at 吉田公園 " 』に於ける『 渋さ知らズ オーケストラ 』でのライブです。






Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17011072.jpg





Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17012947.jpg




Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17014662.jpg





Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17020693.jpg





Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17024100.jpg




Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17031924.jpg





Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17035562.jpg




Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17042874.jpg





Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17050493.jpg




Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17065039.jpg




Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17072165.jpg





Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17074983.jpg



Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17081207.jpg





Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17084509.jpg





Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17094821.jpg




Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17102113.jpg





Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17104978.jpg




Copyright ©️Murata Yoshikazu
e0204744_17111169.jpg







このブログは僕 加藤一平 のブログなので、僕が中心に写ってる写真だけ載せさせて頂きましたが、

村田善一 Murata Yoshikazu さんが撮った、

『 静岡県 " 頂 - ITADAKI - フェス 2017 at 吉田公園 " 』に於ける『 渋さ知らズ オーケストラ 』ライブ全体の写真も見れます。

超素晴らしいですよ!

こちらです
↓↓↓





村田善一 Murata Yoshikazu さんの撮る写真は人間が生きてる感じが凄くして、

オープンな人間性を感じてとっても大好きです。

村田善一 Murata Yoshikazu さんみたいな素晴らしい写真家さんに撮ってもらえると、

『もっとイイ音出してもっと素敵なパフォーマンスをして気分アゲたいしアゲてあげたい!』って強烈に思います。

頑張ります!














[PR]
by ippeih3 | 2017-07-03 16:58 | Comments(0)

ギタリスト 加藤 一平 jazz ギター Guitar ippei kato G Guitarist ジャズ ippei かとう いっぺい ストラトキャスター ソリッド g free フリー インプロ 即興 improvisation
by ippeih3
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
venusgood.com
from venusgood.com
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな