ギタリスト加藤一平のブログ

10月10日(火)に 僕のリーダーバンド『 鳴らした場合 』が、 渋さ知らズのヴォーカリスト 玉井夕海さんが主催する定例イベント、 " 東京湾ホエールズ "に初出演します!

前に1度告知したんですけど、

毎日が矢継ぎ早に過ぎてってしまっている僕のダメな人生の最中、

気付いたらもうもうすぐだったので!

もういちど告知させて頂きます!

来てね!

来ないと泣きますよ。

もう、これ読んでるあなた、

あなたですよっ! 来ないとオレ泣きますからね。

もう絶対泣く。

今決めた。

泣く。






『 鳴らした場合 』
e0204744_01280154.jpg
photo by 石井睦子






加藤一平(g)
e0204744_01300045.jpg
photo by Keiichiro Matsunaga  








金子由布樹( electronics、tape、toys、edit ) 
e0204744_01313899.jpg
エレクトロニクスと様々なおもちゃ楽器、ピアニカ、カセットテープなどを演奏する。 国内はMagicBookRecords、海外では老舗音響レーベルand/OAR傘下のmOARより1stソロアルバム『rut』をリリースし、ao to aoのカシオトーンコンピレーション等幾つかのコンピレーションCDに参加。corneliusのremixコンテストにそっと入選していたりもする。 音楽レーベルbalen discを主催。 舞台音響やweb、展示等様々なサウンドデザインや、フォークからエレクトロニカ、ヒップホップ、ノイズ等、多ジャンルにわたる音楽家とのコラボレーション、即興演奏、asuka tanaka『Chrysalis』、kiwa『hotobori』の共同プロデュースや、asuka tanakaとの炭水化物音楽ユニット"comugico audio deathmarch"での活動、様々なremix、ミックス、マスタリングもおこなっている。







村田直哉( turntable )
e0204744_01322592.jpg
10代でロマン・ポランスキー作品に魅了され、独特な構成や音効など編集面でも大きな影響を受ける。同時期DJを始めるも、流れ作業的なターンテーブルワークや刺激過多な音響などに疑問を持ち、選曲者に止まらず独自の演奏スタイルや新たな環境を模索し始める。 ヘリコプター×音楽フェス[MUSIC FOR HELIPORT('06)]主催。リアルタイムの編曲に特化した[EDITS(編人)]主宰。 近年は、大隈健司(mic),山𡶜直人(scratcher,drums)とのヒップホップクルー、chu(voice,rap),muupy(per)との[おやつタイム]ほか、国内外様々な演奏家と交流。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




10月10日(火)に、

『 八丁堀 WISE OWL HOSTELS TOKYO 』ってメチャお洒落なホテルのイベントスペースで、

20:00 から、

僕のリーダーバンドである『 鳴らした場合 』が、  

渋さ知らズのヴォーカリスト 玉井夕海さんが主催してる超素敵な定例イベント、  

" 東京湾ホエールズ "に初出演します!

ふおー!!!!!!!!!





『 東京湾ホエールズ 』
↓↓↓




『 鳴らした場合 』は、

音楽の性格上(ってゆーかオレの勝手な思い)レコーディング主体のあんましライブはやらないバンドなので、

これはハッキリ言ってマジでレアです。

超必見です。

こないだレコーディングしたのと同様、

全曲僕のオリジナル曲を3人で演奏します。







こないだレコーディングしたやつ持ってければイイなぁ… とかちょいと思ってたふしはちょいとちょいとあるんですけど、

多分 作品完成にはまだまだ結構時間掛かるので、

今回のこのライブには持って行けないんですが、

お待たせさせてしまうぶん、超イイ感じの作品に完成させるつもりっす ってゆーかなる。

「別に誰も待ってねぇから」とか無しね。

待て。

待ってろ。

いやごめんなさい、待ってて下さい!(泣)







編集前の録りっぱなしの裸音源でさえハンパなく胸キュンで心臓に穴が空きそうな感じだったのに、

これに天才 金子由布樹 さんのエディットが入ったら…、

これマジでどうなっちゃうの?ってくらい聴いたことない気持ちいい感じになっちゃってます。

僕の持ち合わせてる快楽が全部詰まってる音です。

ヤバいっす。

どうしよう。

僕がこの世で1番気持ち良くギター弾けるユニットです。






世界中を気持ちイイ音で埋め尽くしてあげたい。






とゆーわけで、

10月10日(火)に、

『 八丁堀 WISE OWL HOSTELS TOKYO 』にて 20:00 から、、

渋さ知らズのヴォーカリスト 玉井夕海さんが主催してる超素敵な定例イベント" 東京湾ホエールズ "に、

『 鳴らした場合 』で出演します!

超がんばります!





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0204744_02105941.jpg
©️烏賀陽弘道






e0204744_02141246.jpg
©️Yoshikazu Murata






e0204744_02220426.png




e0204744_02223662.jpg




e0204744_02231181.png




e0204744_02234908.png







‪笑‬
‪@Fumiaki_Taka‬ ‪
Twitterで議論吹っかけてくる人ってだいたいこんな感じじゃない?
e0204744_02245974.jpg






江東区豊洲シビックセンター‬にクラシック聴きに行った。
クラシック奏者の底力を感じた。
音がとにかく美しい…
美しい音以外一切聴こえない。
徹底されてる。
凄かった。
だがしかし「説明不能でミステリアス」な側面はどうしても希薄だった。
伝統の限界ってのも感じた。
批判じゃないよ。
ただの感想。
パフォーマンスはただただ素晴らしかった。
e0204744_02260998.jpg







たまに行く長野県に向かう西武バス(格安)の車内は、
座席に着いた瞬間いつも宇宙船っぽくて好き。
しかも朝早いとガラ空き!
蕎麦!
ソバ!
e0204744_02320206.jpg





途中のSAの花壇。
お花はエロいよ。
エッチだよ。
綺麗だよ。
e0204744_02342719.jpg






『 Tabletop Guitars 』
e0204744_02355333.jpg















[PR]
# by ippeih3 | 2017-10-03 01:11 | Comments(0)

『 山形県米沢 伝国の杜ミュージアムカフェ Culture 』にて MIYA(fl)、加藤一平(g)、千葉広樹(b)、植村昌弘(ds)で演奏しまっす!

MIYA(fl)
e0204744_01545576.jpg
フルート奏者/作曲家。ジャズと即興の手法を通して、ものごとや世界の境界に存在する中間的な空間を探検する。日本人の父とイギリス人の母の間に生まれ、東京を拠点にヨーロッパ、アジアなど国際的に活動する。山下洋輔をプロデューサーに迎えた「Miya's Book」などこれまでに3枚のアルバムをリリース。2010年には文化庁からの派遣生として、ロンドンにて作曲を英国王立音楽大学 教授のJonathan Cole 氏に学ぶ。ジャズミュージシャンとしての演奏、作曲の他、ロンドンの即興音楽シーンに影響を受け、日本で本格的な即興オーケストラの立ち上げに関わり、それを指揮する。また民謡など自然や生活に根ざした音楽を追求、他方で写真家やダンサー、美術家などジャンルを超えたアートとの連携にも力を入れている。5つ星クラスのラグジュアリーホテルやブランドイベントの演奏も数多く行い、自身の追求する芸術性を継ぎ目無く発揮している。2015年、音楽家としてフランスでもっとも由緒ある騎士団の一つである、シャンパーニュ騎士団より、ダム・シュヴァリエ(女性騎士)に叙任された。趣味は乗馬。






加藤一平(g)
e0204744_01551650.jpg
©️Yoshikazu Murata







千葉広樹(b)
e0204744_01591545.jpg
幼少の頃からヴァイオリンを始め、大学在学時よりベーシストの道を志す一方、モジュラーシンセやエレクトロニクスを駆使した活動も同時に行っており、クラシックの素養と電子音楽的センス、JAZZのスキルを持ち合わせた、ボーダーレスに活動する次世代型のベーシスト。1981年岩手県に生まれ、Riddim Saunter等のバンド活動を経て2004年からジャズベーシストとして活動を始め、Jazz,Pops,Rock,Impro,Electronica,Hiphop等様々なシーンで活動している。 現在の主な活動は、ベースとドラムからなるリーダーユニットKinetic、著作権放棄で話題となったポストロックバンドのサンガツ、市野元彦率いるジャズグループrabbitooの他、蓮沼執太、ラヴサイケデリコ、古川麦、優河、湯川潮音、渡邊琢磨Piano Quintet、潮田雄一、mmm、イトケンwithSPEAKERS、吉田省念(ex.くるり)、中島ノブユキ、佐立努、大谷能生、Daitokaiなど、その他様々なコラボレーションやレコーディング等にて活動している。2002年よりノイズ+テクノソロユニット「effective dose」としても活動し、様々なアーティストとのコラボレーションや、幾つかのリミックス等も手掛ける。







植村昌弘(ds)
e0204744_02012544.jpg
1967年2月15日生まれ、B型、東京都出身。 1987年、早稲田大学在学中に「一噌幸弘グループ」に加入、ライヴ活動を始める。1988 年、民謡歌手・伊東多喜雄氏のグループに参加し、バブル崩壊直前の好景気に騙され、道を踏み外す事になる。この頃、邦楽を仙波清彦氏に師事。1990年「はにわオールスターズ」や「はにわ隊」等、仙波清彦氏のプロジェクトに参加する傍ら、純邦楽の舞台にも出演、邦楽の影響を多大に受けることとなる。 1989年前後より勝井祐二氏、鬼怒無月氏と共に「デフォルメ」というユニットで活動する一方、「渋さ知ラズ」に参加。不破大輔氏、大友良英氏らと共に「テキサス」なるセッションを主宰するなど、東京アンダーグラウンド系のバンドに参加するようになる。以後「大友良英Ground-Zero」「HANIWA」「BASS ARMY」「NOVO-TONO」「Phewユニット」「LOV EJOY」「三橋美香子オニバンド」「三橋美香子と総本山」「MOTOR PSYCHO」「大熊亘 CICALA-MUTA」「HAYAKAWA」「大橋純子バンド」「南佳孝」「藤井郷子オーケストラ」「sim」「Circuit Unconnection」など様々なバンド、ユニット、セッションに参加すると同時に、初期の「Bondage Fruits」や、「坪口昌恭ユニット」等、クビになったものも数知れず。また「ASIAN FANTASY ORCHESTRA」の南西アジアツアーや、ドイツ・メールスジャズフェスティヴァル等の海外公演にも参加。 John Zorn氏、Henry Kaizer氏、Eriott Sharp氏、Ned Rosenberg氏、Nick Didkovsky氏ら、海外のミュージシャンとのセッションも行っている。
2000年春に、山下洋輔氏のピアノ協奏曲のコンサートにパーカッショニストとして参加。初めてフルオーケストラの中でのソロイスト、というものを経験する。更に夏には複数のユニットによる3ヶ月に渡るヨーロッパ・アンダーグラウンド・ツアーを敢行し、海外に行く事に懲り懲りする。  2001年現在、利己主義的な考え方が災いしてツアーやフェスティバルが嫌いになってしまうという音楽家としては最悪のジレンマに陥りつつも、数年来の念願であったデスメタルバンドを結成する等、マイペースで活動を続ける。  自身のリーダー的な活動に関しては、1991年、鬼怒無月氏、広瀬淳二氏と共に活動し始めた即興演奏ユニット「鬼怒無月ポン」に、記本一義氏、高良久美子女史をメンバーに加え、自身のユニット「P.O.N.」として活動開始。1995年にはデビューCD「P.O.N.」をリリース、旧東ドイツツアーを行うなど積極的に活動していたが、1999年、余りの情報量と独善的な音楽性と経営によりメンバーが脱退し、惜しまれつつ解散。と同時に今度は従順なメンバーを集め、「可愛い音楽」というコンセプトで新ユニット「MUMU」を結成、やはり、日本で地道に活動するのが一番幸せであると思いつつ、現在に至る。  また、1996年より、カセットテープレーベル「無印レーベル」を発足(2000年末、IT革命によりメディアをCD-Rに変更)、多方面で顰蹙を買いつつも精力的に独断と偏見に満ちた興味深い個人的な作品をリリースし続けている。最新作は「歪曲」(2006年11月リリース)。







ふらいやー
e0204744_02052671.jpg
10月29日(日)に、

『 山形県米沢 伝国の杜ミュージアムカフェ Culture 』にて、

フルート奏者の MIYA さん、

ベーシストの 千葉広樹 さん、

ドラマーの 植村昌弘 さん ってゆー、

超個性的なメンバーで演奏しまっす!

やっまっがったぁ〜ん♪






フルート奏者の MIYA さんとは、

2年くらい前にベテランチェロ奏者の 翠川敬基 さんと3人で演奏させて頂いて、

驚異的なテクニックと止め処なく溢れんばかりの理知的なフレージングに圧倒されちゃいました。

その前には、

『 鈴木勲 OMA SOUND 』のLIVEに1度、ほとんど全曲飛び入りして下さって、

曲の説明だってロクにしてなかったのに(鈴木勲さんの曲は速くてムズイ)、

凄まじく創造的でハイクオリティな演奏してて、

この人マジ最強って思いました。








ベーシスト・エレクトロニクス奏者の 千葉広樹 さんとは、

サックス奏者 藤原大輔 さんのプロジェクト『 帰還と共振による煮えたぎった無秩序 』や、

『 中村としまる(No Input Mixing Board) ・千葉広樹(b)・加藤一平(g) trio 』などでワリと頻繁に共演させて頂いていて、

千葉広樹 さんが鳴らすコントラバスの深い味わいのあるトーンや、

優しいまま鋭いエレクトロニクスのサウンドに、

毎回メッチャやられちゃいます。

現代的なセンスに満ち溢れた素晴らしい音楽家です。








ドラマーの 植村昌弘 さんとは初共演です。

でも僕は植村昌弘さんが演奏してるCDを持っていて、


sim(大島輝之・大谷能生・植村昌弘)「Monte Alto Estate」
e0204744_02302222.jpg
ってやつで、

僕は昔、ディスクユニオンってゆーレコードショップで働いていて、

その当時に新譜でこの作品が入ってきて、

そのミニマルで硬質な快楽に完全にヤられてしまって、

ほとんど毎日店内でこの作品をかけてました。

あの頃毎日聴いてた音源のドラマーの方と演奏するってのも なんてゆーか凄く不思議な気持ちです。

イイ感じの演奏になったらイイなぁ…。







そんなわけでがんばりまーす。

やっまっがったぁ〜ん♪




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



e0204744_02565911.jpg
©️Yoshikazu Murata





e0204744_02581874.jpg
photo by 山田治奈





e0204744_02593663.jpg




e0204744_03001907.jpg




e0204744_03011184.jpg
photo by うめもと實





e0204744_03020084.jpg
photo by 石井彰





e0204744_03025099.jpg
photo by 石井彰





e0204744_03031549.jpg
photo by 四十物康彦







僕のバンド『 鳴らした場合 』の2回目のレコーディングでは、
普段自宅で練習中にしか弾かないガットギターも使っちゃいましたよ!w
なんかすげぇイイ感じになった。
頑張って楽しいヤツ作りたい。

『 鳴らした場合 』
加藤一平(g)‬ ‪
金子由布樹(electronics、tape、toys、edit)from "Polyphonic Parachute" ‬ ‪
村田直哉(turntable)
e0204744_03041350.jpg













[PR]
# by ippeih3 | 2017-10-02 01:34 | Comments(0)

10月の『 渋さ知らズ 』参加予定です!

『 渋さ知らズ 』
e0204744_02444137.jpg
e0204744_02445925.jpg
e0204744_02451997.jpg






10月の『 渋さ知らズ 』参加予定です!







10月1日(日)
『 新宿 ピットイン 』
e0204744_02563435.jpg
不破大輔(ダンドリスト)、北陽一郎(tp)、石渡岬(tp)、立花秀輝(as)、川口義之(as)、纐纈雅代(ts、as)、松原慎之介(as)、片山広明(ts)、登敬三(ts)、松本卓也(ss、ts)、高橋保行(tb)、中根信博(tb) 、鬼頭哲(bsax)、菱沼尚生(tub) 、加藤一平(g)、山口コーイチ(p、key)、小林真理子(el-b)、磯部潤(ds)、山本直樹(ds)、松村孝之(per)、ペロ(dance)、さやか(dance) 、板垣あすか(dance)、展子(お調子組合)、すがこ(お調子組合)、東洋(舞踏)、宝子(舞踏)、若林淳(舞踏)


一昨年50周年を迎えた新宿ピットイン、
そのお店恒例の 偶数月初日の大編成の『 渋さ知らズ オーケストラ 』です。
当日フラリと入店すると立ち見になってしまうので 前もってのご予約をお勧め致します。








10月15日(日)
『 横浜 エアジン 』
e0204744_03041823.jpg
『 渋さ知らズの男たち + めぐ留 』
不破大輔(b)、めぐ留(唄)、北陽一郎(tp)、立花秀輝(as)、加藤一平(g)、山口コーイチ(p)、磯部潤(ds)


こちらも50年以上の歴史がある横浜エアジンでの、
この日は小編成の渋さ知らズです。
大編成とは1味違った より親密なコミュニケイションを感じて、
渋さ知らズの『核』のようなものを毎回感じます。
しかも!
この日は 超素晴らしい民謡歌手の めぐ留 さんも出演されます。
必見!






10月27日(金)
『 江古田 Buddy 』
『 江古田音楽祭 』
e0204744_03245169.jpeg
不破大輔(ダンドリスト)、北陽一郎(tp)、立花秀輝(as)、片山広明(ts)、松本卓也(ss、ts) 、高橋保行(tb)、中根信博(tb)、鬼頭哲(bsax) 、RIO(bsax) 、石渡明廣(g)、加藤一平(g)、山口コーイチ(p、key)、小林真理子(el-b)、藤掛正隆(ds)、山本直樹(ds)、関根真理(per、vo)、東洋 (舞踏)、宝子 (舞踏)、若林淳 (舞踏)、すがこ (お調子組合)、展子(お調子組合)、ペロ(dance)、あすか (dance)


今年からスタートした江古田音楽祭に於ける大編成での『 渋さ知らズ オーケストラ 』です。
爆弾みたいに頑張ります!
ちなみに このお店は僕の自宅から歩いて5分くらいの超近所なので 演奏終わったあとも永久に飲めるのは嬉しい。






以上です。

ご来店お待ちしております。




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



e0204744_03450667.jpg
©️Yoshikazu Murata





e0204744_03463021.jpeg
©️鈴木美香





e0204744_03475003.jpg





Tabletop Guitars at 新宿ピットイン 準備中
e0204744_03491034.jpg



e0204744_03501532.jpg




e0204744_03503291.jpg






映画音楽の音をレコーディングしたんだけど、
‪映像作品に即興的に当ててく演奏って 実際のライブ演奏と時間のタームがかなり違うし 凄く勉強になった。‬ ‪
よかったよかった。
e0204744_03504826.jpg



e0204744_03533927.jpg
photo by うめもと實





e0204744_03541584.jpg
photo by うめもと實














[PR]
# by ippeih3 | 2017-09-29 02:36 | Comments(0)

『 荻窪 ベルベットサン 』の恒例イベント『 月刊ツジタスク10月号 - 超弦響三千世界 』にて、辻祐(太鼓)、千葉広樹(b、electronics)、加藤一平(g) で出演します!

辻祐(太鼓)
e0204744_02060975.jpg
幼少の頃よりモダンバレエ、高校・大学では伝統舞踊である剣詩舞を修行後、大学卒業を機に現代の日本の太鼓演奏の第一人者林英哲に師事し、英哲風雲の会最年少メンバーとして師と共に国内外の舞台で活躍。
近年ではスガダイロー(pf)とのフリージャズセッションや野村萬斎主演・演出舞台『マクベス』への出演、石井則仁(山海塾舞踏手)との共同制作による舞台作品『石泳ぐ魚』を発表するなど分野を越境しながらその活動のフィールドを広げている。
また、ソロアーティストとして 『月行独歩』(2014年)@KID AILACK ART HALL 『重力光』(2015年)@神楽坂SESSION HOUSE など完全ソロパフォーマンス作品を発表、好評を博す。
「音楽の身体性」「舞台表現としての太鼓」を自身の活動コンセプトの軸に据え、日本の太鼓を使った新しい音楽・身体・舞台表現の創出をすべく活動する次代の太鼓奏者である。






千葉広樹( b、electronics )
e0204744_02083579.jpg
幼少の頃からヴァイオリンを始め、大学在学時よりベーシストの道を志す一方、モジュラーシンセやエレクトロニクスを駆使した活動も同時に行っており、クラシックの素養と電子音楽的センス、JAZZのスキルを持ち合わせた、ボーダーレスに活動する次世代型のベーシスト。1981年岩手県に生まれ、Riddim Saunter等のバンド活動を経て2004年からジャズベーシストとして活動を始め、Jazz,Pops,Rock,Impro,Electronica,Hiphop等様々なシーンで活動している。 現在の主な活動は、ベースとドラムからなるリーダーユニットKinetic、著作権放棄で話題となったポストロックバンドのサンガツ、市野元彦率いるジャズグループrabbitooの他、蓮沼執太、ラヴサイケデリコ、古川麦、優河、湯川潮音、渡邊琢磨Piano Quintet、潮田雄一、mmm、イトケンwithSPEAKERS、吉田省念(ex.くるり)、中島ノブユキ、佐立努、大谷能生、Daitokaiなど、その他様々なコラボレーションやレコーディング等にて活動している。2002年よりノイズ+テクノソロユニット「effective dose」としても活動し、様々なアーティストとのコラボレーションや、幾つかのリミックス等も手掛ける。







加藤一平(g)
e0204744_02112493.jpg
©️Yoshikazu Murata







ふらいやー
e0204744_03113160.jpg
10月28日(土)に、

『 荻窪 ベルベットサン 』ってゆー超かっこいいお店で、

このお店の恒例イベント『 月刊ツジタスク10月号 - 超弦響三千世界 』にて、

太鼓奏者の 辻祐 さんと、

ベーシスト・エレクトロニクス奏者の 千葉広樹 さんと、

僕で出演します!

おーいぇー♪






太鼓奏者の 辻祐 さんとは、

前に『高田馬場コットンクラブ』で行われた日野皓正さん主催のジャムセッションで1度共演させて頂いて、

彼の演奏から「太鼓」って楽器のプリミティブな力強さを感じて、

僕が「太鼓」って楽器に対して持ってた ある種の偏見的なモノを打ち砕いてくれました。

「太鼓ってこんなにエネルギッシュで自由になれるんだ!」と。

あの時はジャムセッションってゆー形態もあって1曲しか共演出来なかったんだけど、

今回こうやってじっくりコミュニケイト出来る機会を作って貰えて超嬉しい。






ベーシスト・エレクトロニクス奏者の 千葉広樹 さんとは、

サックス奏者 藤原大輔 さんのプロジェクト『 帰還と共振による煮えたぎった無秩序 』や、

『 中村としまる(No Input Mixing Board) ・千葉広樹(b)・加藤一平(g) trio 』などでワリと頻繁に共演させて頂いていて、

彼の鳴らすコントラバスの深い味わいのあるトーンや、

優しいまま鋭いエレクトロニクスのサウンドに、

毎回メッチャやられちゃいます。

太鼓奏者の 辻祐 さん仕切りで 千葉広樹 さんと一緒に音を鳴らせるってのは、

非常に刺激的な気持ちです。





かなり珍しいセッティングなのもあって、

スゲェ楽しみです♪




ご来店お待ちしております。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0204744_03035532.jpeg
©️鈴木美香





e0204744_03050471.jpg
©️Yoshikazu Murata





e0204744_03064402.jpg
photo by 伊達政保





e0204744_03081090.png






Tabletop Guitars at 新宿ピットイン 準備中
フロア中央でやったよ。
もうスンゲェ良かった。
またやるよん♪
e0204744_03101130.jpg




e0204744_03120976.png






" Tabletop Guitars at 新宿ピットイン "
ピットインのメインスピーカーから響き渡る『 Tabletop Guitars 』の音は、
もう本当に最高だった。
このバンドはこの空間に滅茶苦茶マッチしてる気がする。
e0204744_03124278.jpg






頂き物を頂く。‬ ‪
うまい。‬
最近(ってゆーか結構前からだけど)人からの頂き物でワリと日々をやりくりしてる感があって、
生きていて何かとドキドキする。
がんばりまぁ〜す(泣笑)
ホントありがと…
e0204744_03161084.jpg




e0204744_03191983.jpg
photo by 田尾隆二




e0204744_03200793.jpg
photo by 高樹レイ





e0204744_03205890.jpg
photo by 田尾隆二




e0204744_03213596.jpg
photo by 高樹レイ













[PR]
# by ippeih3 | 2017-09-27 01:56 | Comments(0)

ヴォーカリストの HISASHI さん&ジャズベーシストの 吉峯勇二郎 さんと3人で演奏します。

e0204744_01420687.jpg





10月14日(土)に、

『 都立大学 ジャミン 』ってお店で、

ヴォーカリストの HISASHI さんと、

ジャズベーシストの 吉峯勇二郎 さんと、

3人で演奏します。







HISASHI(vo)
e0204744_01461149.jpg
ヴォーカリストの HISASHI さんとは、

今まで何度か共演させて頂いていて、

ステージに立った瞬間から(ってゆーか普段から)感じる特別なオーラを感じて、

凄いヴォーカリストだなぁと思います。

「じゃず」とか「ろっく」とか ある種のカテゴリーに自分を分類して安心ブッこいてる種類のミュージシャンとは全然違くて、

『 HISASHI 』にしか表現出来ないパーソナリティを音楽化出来る、

そーゆー特殊なヴォーカリストだと思います。

サウンドは全然違うけど、三上寛さんとやってる時もいつも結構同じ風に感じてるかも。

いやぁ、居ないですよそーゆー唄い手って、なかなか…。




今まで HISASHI さんと演奏した時の共演者は、

ピアニストの 田中信正 さん、

同じくピアニスト 新澤健一郎 さんってゆー超凄腕ピアニストのお二人。 

スゲェ楽しくって、

ワリと曲の中で自由に動いてく感じなんだけど、

HISASHI さんの抜群の歌唱技術とヴァイブス、オーラに、

『唄い手』としてのプライド(なのか?)に とにかく圧倒されてしまって、

「タダもんじゃねぇなこの人」って思ってます。

また共演出来るのが本当に嬉しい。







吉峯勇二郎(b)
e0204744_02264260.jpg
1983年、鹿児島で生まれる、高校在学中より鹿児島のヤマハポピュラースクールオブミュージックでベースを学ぶ。高校卒業後田島良一氏のもとでジャズを学ぶ。 2003年よりUniversity of North Texasへ単身渡米。Lynn Seaton氏の元でジャズベースをまなぶ。また同校在学中にはテキサスのさまざまなジャンルのグループに属し、数々のライブハウスに出演する。後期マイルスデイビスグループのピアニストでもあるBernard Wright氏と一年以上にわたり地元のジャズクラブのセッションホストを務め、人間性、音楽性におおきな影響をうける。 2009年、同校を卒業。ニューヨークに移住する。 2011年、ニューヨークで数々のセッションやライブ活動をこなし、日本に帰国する。 2011年10月より池袋に居を構え本格的な東京での活動を始める。






ジャズベーシストの 吉峯勇二郎 さんとは初共演です。

お会いした事は無いのですが、

素晴らしいジャズベーシストだと色んな方々から聞いています。

僕はもうほとんどジャズのマナーで演奏出来なくなってる出来損ないみたいなギタリストですがw、

なんか楽しく出来たらなぁって思います。







がんばりまーす 🎶





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




e0204744_02462104.jpg
photo by 須川崇志





e0204744_02470903.jpg
photo by Yasuomi Yoshino





e0204744_02584848.png




e0204744_02592109.jpg
photo by 齊藤彩夏




e0204744_03010255.png



e0204744_03011899.jpg
photo by 伊達政保




e0204744_03022788.png




e0204744_03033320.jpg
photo by Saito Mayuko






e0204744_03041673.jpg
photo by Saito Mayuko





e0204744_03045406.jpg
photo by Saito Mayuko








金子由布樹( electronics、tape、toys、edit )さんと、
村田直哉( turntable )さんとレコーディングした、
僕のバンド『 鳴らした場合 』。
順調ですよ〜んうへへへへへへ 🎶
e0204744_03051889.jpg






こないだ『 Tabletop Guitars 』バンマスの谷保典さんにジャガイモ貰った。
自分のスケジュール帳には自分の音楽活動の事しか基本書かないんだけど、
スケジュール帳に「ジャガイモ谷」って自分で書いておきながら見るたんびに一瞬ドキっとしてた。
肉ジャガ作ったよ。
美味かった。
谷保典さんありがとう💗
e0204744_03084148.jpg














[PR]
# by ippeih3 | 2017-09-26 02:01 | Comments(0)

ギタリスト 加藤 一平 jazz ギター Guitar ippei kato G Guitarist ジャズ ippei かとう いっぺい ストラトキャスター ソリッド g free フリー インプロ 即興 improvisation
by ippeih3
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
venusgood.com
from venusgood.com
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

イラスト:まるめな