人気ブログランキング |

ギタリスト加藤一平のブログ

2019年 05月 01日 ( 2 )

「JazzTokyo」誌の音楽評論家 齊藤聡さんが『 鳴らした場合 』のライブレポ書いてくれました! ”鳴らした場合、20 Guilders @高円寺円盤”

ブログに載せるの完全に忘れてた!

遅い!







音楽評論家の齊藤聡さんが、

『 鳴らした場合 』のライブレポ書いてくれました! 
👇

”鳴らした場合、20 Guilders @高円寺円盤”







読んでみて下さ〜い🍩





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




『 鳴らした場合 』
e0204744_02493210.jpg
e0204744_02493804.jpg
e0204744_02494509.jpg
e0204744_02495383.jpg
photo by 山田治奈

『鈴木勲OMA SOUND』『日野皓正クインテット』『渋さ知らズ』『三上寛trio』『nouon』などでギターを弾く加藤一平のリーダーバンド『鳴らした場合』が1stアルバム「ふつえぬ」をリリース!
『EDITS:編人』を主催し、『DJ 顔』『おやつタイム』を率いる 村田直哉 (turntable)。
『balen disc』を主催、『polyphonic parachute』『qb(quantized boys)』などに参加する Yuki Kaneko (electronics, tape, toys)が参加。

想い出が記憶の中でバグって、勘違いと美化の末に言葉と時間軸もすっ飛ばし、良い塩梅に発酵されたフォークミュージックに?もしくはたった今生まれたフォークロア。
モノトーンの朴訥としたモチーフがリアルタイムエフェクトで引き伸ばされたり、早回し、逆回転で姿を変え、ターンテーブルとエレクトロニクスによる多彩な音のカットアップによりキラキラとギラギラとコンポーズされていく。
淡く滲む情緒と激しく鋭いスピード感を伴ったギターは、ビート、声、楽器、非楽器の断片と共に、三人の妄想を飄々と形にし、聴いているうちにじんわりと何処かへ連れていかれたかと思えば、急に目の前の景色と結びついて生々しく立ち上がる。
そう言えば記憶の片隅にこびりついているあの三人組のサウンドトラック。
もしかしたらティーンエイジシンフォニー。

文:Yuki Kaneko







youtube
👇
「 鳴らした場合 (narashitabaai) / ろんて (Ronte) /// video by 駕籠真太郎(Shintaro Kago) 」





Soundcloud
👇




Twitter
👇




Web Store
👇




Facebook
👇





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


『 鳴らした場合 』 メンバー





加藤一平(g)
e0204744_02574421.jpg
©️星野泰晴







Yuki Kaneko( electronics、tape、toys )
e0204744_02580948.jpg
yuki kaneko / 金子由布樹
レーベルbalen discを主催。
エレクトロニクスと様々なおもちゃ楽器、ピアニカ、カセットテープ、サウンドガジェットなどを演奏する。
takahisa ueharaとの多幸感サイケデリックバンド"polyphonic parachute"、kentaro nagataとのラップトップパンクデュオ"qb(quantized boys)"、ガラパゴス進化なトラディショナル・ミュージック?即興トリオ"音奴[with 広井克典、三ッ井嘉子]"、加藤一平リーダーバンド"鳴らした場合[with 加藤一平、村田直哉]"等に参加。
舞台音響やweb、美術展等のサウンドデザイン、フォークからエレクトロニカ、ヒップホップ、ノイズ等、多ジャンルにわたる音楽家とのコラボレーション、即興演奏、asuka tanaka『Chrysalis』、kiwa『hotobori』等のプロデュース、毛玉、cokiyu、.tape.、asuka tanaka、等のremix、ミックス、マスタリングを行っている。
国内はMagicBookRecords、海外では老舗音響レーベルand/OAR傘下のmOARより1stソロアルバム『rut』をリリースし、ao to aoのカシオトーンコンピレーション等幾つかのコンピレーションCDに参加。
corneliusのremixコンテストにそっと入選していたりもする。







村田直哉( turntable )
e0204744_02594704.jpg
村田直哉 / turntablist
あらゆるヴァイナルのサウンドピースを机上と脳内に散りばめ、録音物からの<再生>を図る▶️
ヘリコプター×音楽フェス[MUSIC FOR HELIPORT('06)]主催。
リアルタイムの編曲に特化した[EDITS:編人]主宰。
リーダーユニットでは、[DJ 顔]大隈健司(mic),山𡶜直人(scratcher,drums)、[おやつタイム]chu(voice,rap),muupy(per),yuki kaneko(elec)などで現在レコーディングを重ねている。







e0204744_03005042.jpg
©️鈴木美香





e0204744_03011247.jpg
©️鈴木美香






e0204744_03012735.jpg
©️鈴木美香






e0204744_03014047.jpg
©️鈴木美香





e0204744_03020376.jpg
©️鈴木美香





e0204744_03021747.jpg
©️鈴木美香





e0204744_03023023.jpg
©️鈴木美香





e0204744_03024307.jpg
©️鈴木美香





e0204744_03025954.jpg
©️鈴木美香





e0204744_03031691.jpg
©️鈴木美香





e0204744_03033292.jpg
©️鈴木美香





e0204744_03034592.jpg
©️鈴木美香






e0204744_03040058.jpg
©️鈴木美香
















by ippeih3 | 2019-05-01 02:48 | 鳴らした場合 | Comments(0)

ドラマー藤掛正隆さんの『Fulldesign Records』企画で演奏します! "藤掛正隆(ds)、立花秀輝(as)、加藤一平(g)"

フライヤー
👇
e0204744_01350775.jpg






5月17日(金)に、

『 中野坂上 Aja エイジャ (彩) 』ってゆーお店で、

ドラマー藤掛正隆さんが運営されているレーベル『Fulldesign Records』企画で演奏します!

超かっこいー演奏ブチかましたら、作品として世に出るかも!?








メンバーは、






藤掛正隆(ds)
e0204744_01472795.jpg
異分野コラボレーションFORMLESS MACHINEの主宰、ZENI GEVA、#9、Z.O.Aなどで活動し99年、 フルデザインレコード設立。
13oz.、酒井泰三3355、恒松正敏GROUPなどを経て、2007年、渋さ知らズに参加。
灰野敬二、巻上公一、山本精一、坂田明、レック…様々なアーティストと共演、多くのCD作品をリリース。
2014年、初のソロ名義作品「UNIVERSE,RED&BLUE」を発表。
現在、ホッピー神山とBIRGIT、加藤崇之とのTen-Shi、ヒゴヒロシらとのNoME等様々なユニット、セッションで活動中。
また、2007年より継続中の早川岳晴とのセッションシリーズ 「崖っ縁セッション」も毎回多彩なゲストを迎え継続中。
2018年には林栄一、片山広明らとの10人編成のバンド「UNDERGROUND FUNK UNIVERSE」をリリース。







立花秀輝(as)
e0204744_01492537.jpg
1971年東京生まれ。
池田篤氏にサックスの手ほどきを受け、高校卒業後、尚美学園短期大学にてクラシック・サックスを雲井雅人氏に師事。
大学卒業後、武蔵野音楽学院(現廃校)にて仲間とのセッションで現在のスタイルの基礎を築く。
93年渡米。カンザス州オタワ大学音楽学科を首席で卒業。
97年、帰国し本格的な活動に入る。
2000年、自己バンドであるAAS(元・立花秀輝カルテット・山口コーイチ、カイドーユタカ、安藤正則)が横浜ジャス・プロムナード・7thコンペティションにて当時最多の4賞(オリジナル作曲賞、ライブハウス賞、横浜市長賞、優秀賞)を同時受賞。グランプリ不在の中で同等の評価を得、CD制作(LIVE!! AAS)やジャズ・フェス等の出演を果たす。
その後、板橋文夫ジャズ・オーケストラ、福村博グループを経て2002年に渋さ知らズ・オーケストラでの演奏を開始。日本国内ツアーやフェスティバルのみならず、2005年から同バンドの海外ツアーに参加。数々のフェスティバルやライブハウスへの出演を果たす。
また、2008年松本健一率いるSXQ saxquintetのメンバーとしてロシア&リトアニア・ツアー、2012年渋さ知らズのリーダーでありべーシストの不破大輔率いるFUWA WORKSのメンバーとしてリトアニア&ロシア・ツアーにも参加。
現在はAAS(アァス)、不破大輔とのデュオ、田中信正(p)とのデュオ、坂田明(as)吉田隆一(bs)とのトリオを主催する傍ら、若手からベテランまで多くの音楽家との交流を目的とした立花秀輝セッションを手がける他、多くのライブやレコーディングに参加する等、精力的に活動している。
代表作としてAAS(山口コーイチp、カイドーユタカb、磯部潤ds)「Song 4 Beasts」「Lebenslauf」「Live!! AAS」、立花x不破大輔デュオ「〇」、立花秀輝カルテット(板橋文夫、池田芳夫、小山彰太)「Unlimited Standard」。
様々な特殊奏法を駆使する多彩な音楽表現の他、サックス本来の音色を追求した美しいメロディーを聴かせる稀有な奏者である。






加藤一平(g)
e0204744_01554718.jpg
©️yoshikazu murata






のバッキバキの3人でやりま〜す♪






バッキバキのパッキパキでオラオラオラってヤりま〜す❤️






。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





e0204744_01591548.jpg





e0204744_01592351.jpg





e0204744_02032027.jpg



e0204744_02043183.jpg



e0204744_02044196.jpg




e0204744_02045101.jpg






北海道札幌市時計台‬
e0204744_02152090.jpg






「Sapporo City Jazz」の楽屋。
アプリで美女現象。
e0204744_02161106.jpg






会場めっちゃデカかった
e0204744_02173213.jpg





e0204744_02180400.jpg







‪『 北海道札幌市 味の時計台 駅前通り総本店 』‬ ‪
ホタテバターコーンラーメン 大盛り‬ ‪
トッピング:チャーシュー、味玉‬ ‪
うまかった‬ ‪
チャーハンも食おう思ってたけど胃袋が撃沈
e0204744_02181114.jpg





e0204744_02185985.jpg






‪『 北海道室蘭市 肉鍋乃ざ㐂 』‬ ‪
豚肉と野菜‬
e0204744_02191235.jpg






‪輪厚PA ‬いくらサーモン丼‬
e0204744_02195022.jpg






北海道 室蘭市民会館
e0204744_02203632.jpg







‪北海道室蘭で夕方演奏してそのまま新千歳空港移動して羽田空港戻って帰宅った‬。
‪結構ハードやった……‬ ‪
やはり区民プールで体力を一から鍛え直さんといかん。
e0204744_02213202.jpg















by ippeih3 | 2019-05-01 01:51 | Comments(0)

加藤 一平 かとう いっぺい ギタリスト Guitarist 鳴らした場合 narashitabaai ギター Guitar ippei kato G g ジャズ jazz ippei ストラトキャスター Stratocaster ラーメン カレー作り free フリー インプロ improvisation 即興 
by ippeih3
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venuscozy.com
from venuscozy.com
venusgood.com
from venusgood.com
venusgood.com
from venusgood.com
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな